2011年05月30日

オーストラリアへの旅 ~子どもたち~

オーストラリア行きを更に楽しくしてくれたのは、
姪ファミリーと行動を共にできたこと。
特に子どもたちとのふれあいは楽しいものでした。

子どもたちへのお土産は、「カンブリア宮殿」でも紹介されたことがある
日本理化学工業のクレヨン。
鏡や傘などに描いても簡単に消すことができるというすぐれもの。


7歳のオリバーは早速、画用紙に波の絵を描いた後、
自分の部屋の鏡に描き始めました。





お兄ちゃんが描くのを見上げていた2歳のミキちゃんも、
何やら描き始めました。











  「かいたよ、見て」と、ミキちゃん。
















子どもたちは、バイリンガル。
日本語と英語をうまく使い分けています。
だから、コミュニケーションには困りませんでした。

ミキちゃんは英語の発達が遅れ気味のため、
オーストラリア人の夫や親族から
「日本語をやめたほうがいい」と、言われるそう。

しかし、「将来、日本の人たちともちゃんと話せる子であってほしいから、
そこは譲れない」と、姪はひとりで頑張っているそう。

バイリンガルを背負って生まれてきたオリバーとミキちゃんが
逞しく育っていきますように!



同じカテゴリー(オーストラリアの旅)の記事画像
オーストラリアへの旅 ~ヨガ~
オーストラリアへの旅 ~ついてる~
オーストラリアへの旅 ~夜明け~
同じカテゴリー(オーストラリアの旅)の記事
 オーストラリアへの旅 ~ヨガ~ (2011-05-29 23:31)
 オーストラリアへの旅 ~ついてる~ (2011-05-17 23:02)
 オーストラリアへの旅 ~夜明け~ (2011-05-13 23:24)


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。