2009年04月21日

マタニティブルー

 マタニティブルーとは、出産の前後にホルモンの分泌量が急激に変わることが原因で起こる軽うつ状態のこと、と説明されますが、深層心理学的にみると、胎児期の記憶がその原因になっていることがあります。

 Nさんが妊娠4ヶ月の頃、

「気持ちが沈んで自分ではどうしても這い上がれない」と。

早速、自己開発ヒーリングでその癒しをすることに。
Nさんが呼吸を整えて内面に意識を集中していくと、お母さまのおなかの中にいたときの思いが伝わってきて自動書記。

「おなかのなかで、わたし、ここにきてもよかったのかな、わたしでよかったのかなっておもってた。
じしんがなかった。
おかあさん、まわりにきをつかってばっかりだし、おしごともしてるし、わたしのこともきになるし、じっとやすんでるときがなかった。
わたしがいなければふあんもすこしはへるでしょう。
おかあさんにもしんぱいかけられないし、つたえようともおもわなかった。」

<お母さんは、声をかけたりおなかをさすったりしてくれなかったの?> 

「たまにおなかをさすったりはしてくれた。よゆうがなかったみたい」

そこで、私は、お母さん役をして、赤ちゃんの意識の状態のなっているNさんの背中をさすったり頭をなでたりしながら「赤ちゃんがお母さんとお父さんのところに来てくれて嬉しいよ。
周りに気をつかって、ゆっくり休んだりお話ししたりしてあげなくてごめんね」と語りかけていきました。

安心してすやすや眠った後、

「おかあさんとゆっくりできてあんしんした。きもちよかった」face02

と、自動書記。

ヒーリング後、すっきりした表情になったNさんでした。
1週間後に来られた時、

「あれからどう?」

と訊いてみたら、

「あれからすっかり気分がよくなって・・・あのときヒーリングを受けてよかったです」

と。

妊娠している時って、自分自身の胎児期の記憶が蘇ってきやすいようです。
Nさんはタイミングよくヒーリングを受けられたので、あまり苦しまれず良かったなあと思いました。


同じカテゴリー(自己開発ヒーリング)の記事画像
3D~おなかの赤ちゃん~
運命の赤い糸
同じカテゴリー(自己開発ヒーリング)の記事
 こころの大掃除 (2010-12-18 17:38)
 元気一杯 (2010-09-30 22:44)
 3D~おなかの赤ちゃん~ (2009-04-05 22:44)
 運命の赤い糸 (2009-03-12 21:00)
 ソウルメイトと結婚! (2008-12-10 22:21)


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。