2017年03月13日

インド ヨガ研修の旅 4 ~ガンジー博物館~

ラージガートを出ると、向かい側にあるガンジー・スリムティ博物館に行きました。



私たちを迎えてくれたのはガンジーさんの大きな写真。
「MY LIFE IS MY MESSAGE」 と書かれています。
「私の生活が、私のメッセージ」 
そう言い切れるとは、さすがですね。

ガンジーといえば、「無抵抗 不服従」でインド独立を勝ち取ったと言われます。

庭には、インドのイギリスからの独立運動における重要な転換点となった「塩の行進」のモニュメントが。



博物館の中には、また違った感じのものがありました。



「塩の行進」とは、ガンジーとその支援者が、1930年にイギリス植民地政府による塩の専売に反対し、製塩の為にグジャラート州アフマダーバードから同州南部ダーンディー海岸までの約380kmを行進した抗議行動のこと。
この行進は3月12日から4月6日までの24日間続いたそう。

暗くてよく見えなかったのですが、空港からホテルに向かう道の途中にも「塩の行進」のモニュメントがありました。
それだけインド独立にとって大きな節目になったガンジーさんの行動だったのでしょうね。


糸車といえば、ガンジーの独立運動を象徴するもの。



イギリスの綿製品がインドに流れ込んできて、糸を紡ぐことを止めてしまったインドの人々に、イギリスへの抵抗の気持ちを込めて、再び糸を紡ぐことを呼び掛けたのだそう。
イギリス製品のボイコット運動に発展していったそうですが、自ら行動することで、多くの人の支持を得ていったのですね。
「TRUTH IS GOD」とあります。
「真実は神なり」。
深い言葉ですね。
ガンジーさんの信念と行動を支える言葉だったのでしょう。



ガンジーさんの笑顔いっぱいの写真に引き付けられました。
赤ちゃんを抱かれたこの1枚は、人間の幸せを象徴しているように思います。









同じカテゴリー(インド ヨガ研修の旅)の記事画像
インドヨガ研修の旅 13 ~ありがとう インド~
インド ヨガ研修の旅 12 ~タージマハル~
インドヨガ研修の旅 11 ~風の宮殿~
インドヨガ研修の旅 10 ~丘の上の城~
インドヨガ研修の旅 9 ~神の入り口・ハリドワール~
インド ヨガ研修の旅 8 ~巡礼の町~
同じカテゴリー(インド ヨガ研修の旅)の記事
 インドヨガ研修の旅 13 ~ありがとう インド~ (2017-03-31 19:24)
 インド ヨガ研修の旅 12 ~タージマハル~ (2017-03-30 20:59)
 インドヨガ研修の旅 11 ~風の宮殿~ (2017-03-26 18:34)
 インドヨガ研修の旅 10 ~丘の上の城~ (2017-03-25 17:56)
 インドヨガ研修の旅 9 ~神の入り口・ハリドワール~ (2017-03-23 21:38)
 インド ヨガ研修の旅 8 ~巡礼の町~ (2017-03-21 18:01)


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。