2016年05月26日

自然がいっぱいの糸島

日記シリーズ第2弾です。

つくしの坊やのお母さんって誰でしょう?

答えはスギナ。




スギナって、体にいろいろいいということを知って、スギナ採りを計画。
糸島に住む、40年前の教え子君に、「スギナが生えているところを知っている?」と聞きました。
田んぼの畔にも生えているけど除草剤を撒いているからだめ。
除草剤を撒いていない土地があるから地主さんに掛け合ってみます。

そんな答えが返ってきました。

簡単に考えていたのに地主さんまで巻き込むことになるとは。

今週の月曜日の朝、教え子君のナビゲートでスギナを採りに。
あっという間にたくさん採れ、ついでにドクダミまで採りました。
地主さんの庭には、ビックリグミや桑の実も。
なま桑の実は、人生初!でした。




教え子君が「借りている畑のソラマメも持って帰ってください」と言ってくれたので、ソラマメの収穫にも。
さやが空を向くので空豆(ソラマメ)と言われるように、みんな空を向いていました。



午後の仕事に間に合うよう、1時間半の弾丸ツアーでしたが、自然がいっぱいの糸島に大満足。
教え子君、地主さん、どうもありがとうございました!
次回は、もっとゆっくり訪れたいものです。




同じカテゴリー(日々のこと)の記事画像
床暖房、大好評です!
「キャリアコンサルタント」として
新米先生は子どもたちに育てられた
まもなく40年ぶりの再会
虫に先を越されてしまったハーブ
熊本地震、いまできること
同じカテゴリー(日々のこと)の記事
 床暖房、大好評です! (2016-12-16 18:19)
 「キャリアコンサルタント」として (2016-12-14 19:34)
 新米先生は子どもたちに育てられた (2016-10-02 21:28)
 まもなく40年ぶりの再会 (2016-10-01 17:50)
 虫に先を越されてしまったハーブ (2016-05-25 20:37)
 熊本地震、いまできること (2016-04-18 16:09)


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。