心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by at

2017年03月31日

インドヨガ研修の旅 13 ~ありがとう インド~

アグラ城を出て、専用車でデリーへ向かいました。

ランチは、ホテルのレストランでビュッフェ。
インドでいただくインド料理も最後。
たくさんの料理があるので、少しずつほとんどの品をいただきました。




旅の途中で気づいたのですが、お料理にベジ食(野菜料理)とノンベジ食(肉や魚が入っている料理)のマークが付けてあるので、わざわざ尋ねなくても選ぶことができます。



ベジ食(野菜料理)には、緑のマーク。
ノンベジ食(肉や魚が入っている料理)には、赤のマーク。
牛乳やチーズは、ベジ食に含まれます。
動物性だけど殺生しないからのようです。

ノンベジ食は、全体の1~2割しかありません。
しかも肉は、鶏肉だけ。
牛はインドでは神様として扱われるし、豚はイスラム教徒が食さないからのようです。

デリーに着いたのは夕方。
お土産を買うために紅茶専門店や民芸品店に寄ってくれました。

インドの通貨はルピーです。



どのお札にもガンジーさんの肖像が。
やはりインドではガンジーさんの存在が大きいのですね。
ルピーは日本では換金できないので紙くず同然、と聞いて、多少無理をしながら買い物をしました。



ニューデリー国際空港に着いたときは、とっぷり日も暮れていました。
ガイドのゴエルさんとは、ここでお別れ。
ゴエルさんのおかげで安心して旅を楽しむことができました。
ほんとうにありがとうございました!


「インドに行って人生観が変わりましたか?」
どなたかに聞かれました。

人生観が変わったかどうかはわかりませんが、インドの人たちの逞しさやおおらかさには大いに刺激を受けました。
これからの人生、ガンジス川のようなゆったりした流れの精神で歩んでいきたいと思います。

元気に楽しく旅することができ、大きな力に守られていることを感じます。
たくさんの経験をすることができたインド。
言葉には尽くせないけど、「ありがとう」。


「インド ヨガ研修の旅」レポートも今回で最終回。
写真を見ながら思い起こしつつ書くことで、楽しい時間を再度もつことができました。
最後まで読んでくださったみなさま、どうもありがとうございました。








  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 19:24Comments(0)インド ヨガ研修の旅

2017年03月30日

インド ヨガ研修の旅 12 ~タージマハル~

いよいよインド最終日。

世界で一番美しい霊廟、と言われるタージマハルへ向かいました。



タージマハールの門が見えてきました。



わずかですが、タージマハルが。



この門からタージマハルを撮るのがビューポイントだそうですが、人が多くてうまく撮れません。
ちょうど日曜日なので、いつもより人が多いそう。



写真で見たままのタージマハル!



タージマハルを背景に記念撮影も。



タージマハルの正面。
大理石に様々な宝石が埋め込まれていてため息が出そうです。

タージマハルは、ムガル帝国の第5代皇帝シャー・ジャハーンが、1631年に逝去した愛妃ムムターズ・マハルを埋葬するために建設した総大理石の霊廟です。
1632年に着工され、20万人が3交代で働いて、出来上がるまでになんと22年もかかった、と。
皇帝は、お金の使い過ぎ、と、息子によって9年も幽閉されたそうです。



靴にカバーをはめて中へ。
神聖な場なので、もちろん撮影禁止でした。



自然がいっぱいの庭には、かわいいリスがあちこちにいました。


タージマハルを出ると、初日に見たかわいいタクシーに乗って、皇帝の居城であるアグラ城へ向かいました。













皇帝が幽閉された部屋からは、タージマハルが見えます。
皇帝は、毎日、亡き妃を偲んでいたのでしょう。

皇帝は、タージマハルの裏を流れる川の対岸に自分が眠るための黒の霊廟を作ろうとしたけど幽閉されて断念せざるを得なかったそう。
死後、起き上がったら妃と向き合える位置に眠っているそうで、かえって良かったのかもしれませんね。



アグラ城の庭も、広くてきれいに整備されています。



ここにもかわいいリスたちがあちこちに。
自然がいっぱいでいいなと思いました。



  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 20:59Comments(0)インド ヨガ研修の旅

2017年03月26日

インドヨガ研修の旅 11 ~風の宮殿~

アンベール城を発って、ジャイプール市の旧市街に戻り、「風の宮殿」を見学。



これは、姿を見られることを禁じられていた宮中女性のために建てられた宮殿です。
女性たちは、風通しのよい小部屋から祝祭の行列や町の様子を眺めたのだそう。

ジャイプールの旧市街の建物はすべて赤砂岩で作られていて、街全体がピンク色に見えることからピンク・シティとも呼ばれています。



シティ・パレスという宮殿に行く途中、鳥や猿に餌をやっているところがありました。
ガイドのゴエルさんが、「どうして餌をやると思うか?」と訊かれました。
答える間もなく、「前世で自分が鳥や猿だったかもしれないからです。」という答えが返ってきました。
ヒンズー教の人たちにとっては、それは当然の考え方で、実践されているようです。



門をくぐってシティ・パレスに入りました。



このシティ・パレスは、1726年に当時の王様によって建てられたものです。
奥の白い建物には、現在、その子孫が住んでいるのだそう。
敷地の一部は宮殿博物館として一般に公開されていて、王家の豪華な衣装や武器などが展示されていました。



大きな銀の壺が2つあるのが見えるでしょうか。
1902年に当時の王様がイギリスに行った時、ガンジス川の水を入れて持って行ったのだそうです。


2メートルはあるような大きな壺でした。


ジャイプール市内見学を終えて、アグラへと向かいました。
専用車で6時間の旅です。
途中、レストランのランチで腹ごしらえ。



野菜料理がほとんどのインド料理。
いろんな料理を少しずつ味わいました。
どれも美味しくて大満足。

  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 18:34Comments(0)インド ヨガ研修の旅

2017年03月25日

インドヨガ研修の旅 10 ~丘の上の城~

ジャイプールのホテルでホッとした後、専用車で丘の上に建つアンベール城へ向かいました。




左手に見えてきた、アンベール城。



象に乗ると聞き、楽しみにしていました。
象さんたちは、お化粧をして出番を待っています。



二人乗りですが、私は一人で乗ることに。
この写真、実は、知らないうちに撮られていたのです。
お城に着いた時、アルバムにされていて10ドル(1200円)で買うようしつこく迫られました。
断ったのですが、城を出るときにまた追いかけてきたので、1枚だけ100ルピー(200円)で買ったものです。
いまとなっては、記念の1枚になりました。



アンベール城は、かなり豪華なお城で、宝石の数々で装飾されています。









城の上から象さんたちがズラリと並んで登ってきているのが見えます。



象さんたちは化粧されたり人を運んだりをどう思っているのかわかりませんが、人と象が共存しているのは確かなようです。  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 17:56Comments(0)インド ヨガ研修の旅

2017年03月23日

インドヨガ研修の旅 9 ~神の入り口・ハリドワール~

リシケシを発って、目指すはハリドワール。
ハリドワールとは、「神の入り口」という意味でヒンズー教七大聖地の一つだそう。

専用車を降りて、ガンジス川のほうに歩いていくと、どんどん人が増えてきます。



ガンジス川の両岸は、人、人、人・・・
ぶつかりそうなくらいです。
満月なので、いつもより多い、と。
物乞いをする人もあちこちに。
施しの食事処もちゃんと用意されています。






事前に、沐浴風景を見学、と聞いていたのですが、川に入っている人たちは、実は流れてくる衣装についている金目の物を探しているのだそうです。




雑踏をやっと抜けてお店が並ぶ通りへ。
バイクは、ビビビーッとけたたましく鳴らして走ってきます。
いつか観たインド映画そのままの風景です。




レストランでランチをいただいた後、ハリドワール駅に到着。



列車を待っていると、「キャー、外国人! 一緒に写真撮って~」と珍しがられて記念撮影。



なんと、列車には寝台列車に乗る人たちの名簿が張られています。
名前、年齢、居住国。
個人情報丸出しです。



寝台列車に乗ったまではよかったのですが・・・
ごつい男性が私の席に寝ていたり、仕切りのカーテンがなかったり。
壁のほうを向いたまま早く朝が来ないかなあと時間が気になり、寝た気がしない一晩でした。



ジャイプール駅に着いたのは、4時10分。
直行したホテルでのお風呂と食事に、ほ~っとしました。
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 21:38Comments(0)インド ヨガ研修の旅

2017年03月21日

インド ヨガ研修の旅 8 ~巡礼の町~

ガンジス川を渡し船で渡ると、そこはガラリと雰囲気の変わった巡礼の町。



対岸の賑やかさと対照的で、穏やかな印象の町です。
ヒンズー教の巡礼者がたくさん訪れるそう。

ヒンズー教らしい建造物があちこちにあります。






今回の旅では、ガンジス川で沐浴をする、という目標がありました。
ずっと以前、テレビで観た下流のガンジス川に比べると、水が澄んでいます。
沐浴用の鎖が用意されているところで、チャレンジすることにしました。



水が冷たくて、足をちょっと浸けておくので精一杯。
それでも目標を達成した満足感に浸りました。

地元の人たちは、あんなに冷たいのに、全身浸かっていました。
さすがですね。




ガイドのゴエルさんが「チャイを飲みますか?」と言われたので、飲むことにしました。



自分たちだけだったらとてもチャレンジしないだろうなと思うような屋台。
でも、美味しくてホッとする味でした。



この町にあるシュリヴェーダニケタンでヨガのレッスンを受けました。



講師は、若いお兄さん先生。
次々にいろんな、しかも結構高度なポーズをされるので、フ~ッというほどでした。

レッスンを終えると、夕陽が沈もうとしていました。



「真ん中に夕陽が入るようにして」
ゴエルさんからのアドバイス通り、ギリギリで間に合いました。

帰り道、ちょうどヒンズー教の護摩焚きに遭遇。
その音楽は素晴らしいもので、一緒に手拍子をしながら聴き惚れていました。



動画も撮ったのですが、残念ながらデータが大きすぎてブログにアップできません。
聴いてみたい方はぜひ声を掛けてくださいね。

終わり近く、護摩焚きの火がみんなに回されました。
この火を浴びると幸せになれるそう。
リシケシ最後の夜に、護摩焚きに遭遇できてラッキー!
感謝しながらヨガニケタンに戻りました。





  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 18:01Comments(0)インド ヨガ研修の旅

2017年03月19日

インド ヨガ研修の旅 7 ~ヨガニケタン~

今回、私たちは、ヨガニケタンに3泊しました。

ここには世界中からヨガを学びに来ています。
アメリカやイギリス、香港、ブラジル・・・
もちろん、日本人も数人。
3日間ともメイン講師は、日本人の木村彗心先生で、「運がいいですね~」と言われました。
ヨガの指導で世界中を飛び回っていらっしゃるため、日本ではなかなか会えないのだと。
若いころヨガニケタンの開祖とヒマラヤで修行された一番弟子の方だそうです。



これは、瞑想に使われる建物です。

朝は、5時15分から6時45分まで瞑想。
7時から8時半までアーサナ。
といったふうにタイムスケジュールが組まれています。



こちらは、アーサナをする建物。
庭に猿が来ることもしばしば。



ヨガニケタンは小高いところにあり、ガンジス川が見渡せます。
ガンジス川を見ながら庭でヨガをしたいね、と話していたのですが、最終日の朝は風が強くて寒かったので、断念。




ここが、私たちが宿泊した部屋。
ベッドとシャワー・トイレ付。
ホテルに比べると、ちょっとサバイバルな日々でしたが、お湯が出て、水洗トイレ、というだけで有難いことだと思うことにしました。
12月に京都から来ているという女性は、3月末まで滞在するそう。
ヨガの研修を一日中受けて一泊900ルピー(=1800円)だそう。
住めば都、になるのでしょうね。



食事の時間は決まっていて、時間になると鐘が鳴ります。
研修はみっちりなので、鐘が鳴ると嬉しい気持ちになるのでした。



食器棚から食器を持って食堂に行くと、装ってくれます。
人がだいたい揃ったところで、食前のお祈りが唱えられます。
一度、座ってすぐに食べようとしたら、注意されてしまいました。




朝食は、温かいハーブティーと果物1個と温サラダのみ。
質素な食事で、もちろん、ベジ食です。



これは、夕食。
使った食器は、自分たちで洗って次に備えます。

ヨガの講義や実修は、すべて英語で行われます。
もっと英語力をつけないといけないと、身に沁みました。
そのことが今回の一番の収穫かもしれません。




  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 19:28Comments(0)インド ヨガ研修の旅

2017年03月18日

インド ヨガ研修の旅 6 ~ヨガの聖地リシケシ~

今回の「インド ヨガ研修の旅」の主たる目的地は、ヨガの聖地リシケシ。

いよいよリシケシでのヨガ研修が始まりました。
朝は4時過ぎに起床。



暗い中、山を下り、いかにも ヨガの聖地らしいアーチをくぐってシバナンダアシュラムへ。


この建物の中で、5時から1時間、瞑想に参加しました。

宿泊所でもあるヨガニケタンに戻ったら、7時から8時半までヨガの講義とアーサナ&呼吸法。

朝食を済ませると、車で山の中を走り、聖者ヴァシスタが瞑想した洞窟へ。



お祈りのようなマントラが続く中、足が痛くてたまらないけど、どこで立ち上がっっていいのかわからず、瞑想が迷走になってしまったよう。

下にはガンジス川が。
だいぶ上流のほうまで来ていたようです。




リシケシの街に戻り、散策。



写真の中ほどに野良牛がいるのが見えるでしょうか。
のんびりと歩いている牛をよく見かけました。



ランチは、レストランで。
いわゆる定食だそう。
「お肉は入ってないのか」と聞くと、「ここをどこと思っているのですか。ヨガの聖地ですよ」と、ガイドのゴエルさん。
ヨガの聖地リシケシでは、レストランでもみんなベジ食だそう。
お皿の数が多く、お腹いっぱいになりました。


少し歩くとガンジス川が。
ゆったりと流れていますが、水の量が年々減ってきているそう。
ゴエルさんは、「環境破壊のせいだ。何とかしないと大変なことになる」と訴えておられました。



朝、暗い中で見たアーチ。
シバナンダアシュラムの100年祭記念だそうです。
serve love give
心に留めておきたいおきたい言葉です。  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 20:20Comments(0)インド ヨガ研修の旅

2017年03月14日

インド ヨガ研修の旅 5 ~リシケシに向かう~

ニューデリーを発って一路、専用車でリシケシへ。
7時間の長旅です。

右に見えるのは、ごみ集積場。


鳥(鷹か鷲)がたくさん飛んでいるのが見えるでしょうか。

途中、レストランで昼食をいただいた後は、まっすぐな国道をひたすら北へ。







季節は、春になったばかりだそうで、菜の花が一面に。




背の高いのは、サトウキビ。
サトウキビ畑が多く、インドでこんなに砂糖が生産されていることを初めて知りました。
はみ出しそうなくらいサトウキビを積み込んだトラックを何回も見かけました。



道端のあちこちに、乾燥した牛糞がたくさん積まれています。
燃料や虫除けにするのだそう。
インドでは、牛は神様と言われますが、乾燥牛糞もまた浄性が高い、とされているそうです。




違う州に入ったところで、通行税を払わないといけないらしく、小休憩。



こんな八百屋さんも。
誰もいないので、どうやって買ったらいいのでしょう?



途中、こんな街も。
インドらしい賑やかさです。


黄昏時にやっとリシケシに着きました。


空にはこんな綺麗な雲が。
私たちを歓迎してくれているようです。
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 20:16Comments(0)インド ヨガ研修の旅

2017年03月13日

インド ヨガ研修の旅 4 ~ガンジー博物館~

ラージガートを出ると、向かい側にあるガンジー・スリムティ博物館に行きました。



私たちを迎えてくれたのはガンジーさんの大きな写真。
「MY LIFE IS MY MESSAGE」 と書かれています。
「私の生活が、私のメッセージ」 
そう言い切れるとは、さすがですね。

ガンジーといえば、「無抵抗 不服従」でインド独立を勝ち取ったと言われます。

庭には、インドのイギリスからの独立運動における重要な転換点となった「塩の行進」のモニュメントが。



博物館の中には、また違った感じのものがありました。



「塩の行進」とは、ガンジーとその支援者が、1930年にイギリス植民地政府による塩の専売に反対し、製塩の為にグジャラート州アフマダーバードから同州南部ダーンディー海岸までの約380kmを行進した抗議行動のこと。
この行進は3月12日から4月6日までの24日間続いたそう。

暗くてよく見えなかったのですが、空港からホテルに向かう道の途中にも「塩の行進」のモニュメントがありました。
それだけインド独立にとって大きな節目になったガンジーさんの行動だったのでしょうね。


糸車といえば、ガンジーの独立運動を象徴するもの。



イギリスの綿製品がインドに流れ込んできて、糸を紡ぐことを止めてしまったインドの人々に、イギリスへの抵抗の気持ちを込めて、再び糸を紡ぐことを呼び掛けたのだそう。
イギリス製品のボイコット運動に発展していったそうですが、自ら行動することで、多くの人の支持を得ていったのですね。
「TRUTH IS GOD」とあります。
「真実は神なり」。
深い言葉ですね。
ガンジーさんの信念と行動を支える言葉だったのでしょう。



ガンジーさんの笑顔いっぱいの写真に引き付けられました。
赤ちゃんを抱かれたこの1枚は、人間の幸せを象徴しているように思います。







  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 18:44Comments(0)インド ヨガ研修の旅

2017年03月08日

インドヨガ研修の旅 3 ~ラージガート~

ラージガートとは、インド独立の父ガンジーが凶弾に倒れ、火葬された所。
「インドに行くなら、ガンジーさんにご挨拶をしたい」との願いがかなっての訪問でした。



ブーゲンビリアが咲き乱れる道。
南国に来たかのようでした。



国が管理している公園だそうで管理番号がついている木もあります。


靴を脱いで中に入ると、きれいに整備された公園が広がっていました。







火葬のときの炎が今も大切に守られ、燃え続けています。



「これからの人生、少しでもガンジーさんに近づきたい」と敬虔な思いで手を合わせました。




ガンジーさんのメッセージが刻まれた石碑の一つ。
「噂は信じないほうがいい」といった意味でしょうか?
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 22:14Comments(0)インド ヨガ研修の旅

2017年03月05日

インド ヨガ研修の旅 2 ~ニューデリーの街~

ホテルに迎えに来てくれた専用車でインドを巡る旅に出発!
「まずは、ニューデリー市内を一周 しましょう!」と。
何でもニューデリー市内はサークルになっているそうで、ぐるっと一周。





インドで信号を見たのは、2回だけ。
人も牛も、車の合間を見て悠々と渡るのです。




これは、インド門。
終戦祈念に建てられたものだそうです。
きれいに整備された公園のようになっています。
ゆっくり歩いたら気持ちいいだろうなと思いました。




黄色と緑の車は、タクシー。
横が開いています。
この可愛いタクシーに一度くらい乗ってみたいものです。




一周したところで、最初の目的地、ラージガートに着きました。  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 19:13Comments(0)インド ヨガ研修の旅

2017年03月04日

インド ヨガ研修の旅 1 ~はじめてのインド!~

「インド ヨガ研修の旅」へ旅立って間もなく1ヵ月。

ゆったりした時間の流れからなかなか戻れず、ブログも手付かずの状態でしたが、
せっかくの機会でしたので、写真とともに振り返りながらインド見たままを記していきます。

日本を6日午前に出発して、インド・ニューデリー国際空港に着いたのは夜の9 時過ぎ。
時差が3 時間半なので、何時間乗っていたことになるのでしょう?



インドならではのこんな造形で私たちを迎えてくれました。
手文字。
ようこそインドへ、という意味でしょうか?



出口を出ると、出迎えにの人たちがズラリ。
この中から、私たちの現地ガイドさんを探さなければなりません。
日本語を探していくと・・・
ありました! 「大陸旅遊」の文字が。



ゴエルさん、初めまして!
優しそうな方で、ホッとしました。

出迎えの車で一路ホテルへ。
途中、結婚式を見かけました。
インドでは、夜に行われることが多いそうで、1週間も続くこともあるとか。

翌朝は、抜けるような青空。
いつも雨女、と言う同室の相方は、「はじめて~!」と大喜び。
実は、インドは乾期で、ほどんど雨が降らない時期なのですが、これを機に雨女卒業!になるといいですね。

やっぱり楽しみは朝食。
インド料理がズラリと並んでいてどれも美味しそう。
お代わりをしていただきました。



これは、お代わりのプレート。
もちろん、朝からカレーです。




さあ、いよいよインドを巡る旅へ出発!
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 13:47Comments(0)インド ヨガ研修の旅