心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by at

2016年03月10日

リラックスできるのはどんな時?

昨日のブログでご紹介したメンタルへルス研修の中で使った資料に興味深いものがありますので、ブログでもご紹介します。

今年の1月に放映されたNHKスペシャル「ママたちが非常事態?! 」という番組の中で提示されたものです。

育児中の母親のストレス状態を、心拍や副交感神経の変化から測定し、何をしている時に母親がリラックスした状態になるかを調べました。



ストレス状態の時は心拍間隔が短く、リラックス状態の時は心拍間隔が長い。
リラックス状態のところが等間隔に3ヵ所ありますが、さて何をしているときでしょう?


研修の中では、正解は出ませんでしたが、実は授乳をしているとき。



赤ちゃんにとってはもちろんでしょうが、ママにとっても授乳時はリラックスできる時間なのですね。


もう一つ、16時くらいにあるリラックス状態が続いているときは、何をしていたのでしょう?




「ご飯を食べているとき」「お風呂に入っているとき」といった答えがありましたが・・・
実は、「夫が妻と向き合って会話をしていた時」。



自分の話を真剣に受け止めてもらえている時間というのは、リラックスできるのですね。

こんな資料を見ていただいた後に、積極的傾聴の演習をしたからでしょうか。
みなさん、演習後の満足感が高かったようです。


  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 16:50Comments(0)メンタルヘルス研修・講演

2016年03月09日

体験型メンタルへルス研修

出張のヨガや笑いヨガで時折、訪問している博多フレンドホームから依頼があり、母体である福岡市障害者福祉協会のメンタルヘルス研修の講師を先日、務めました。
テーマは、「ココロもカラダも元気になる! 体験型メンタルへルス研修」。

午前中は100人近くの方、午後は40人くらいの参加でした。

研修や講演の進め方として、まずアイスブレイクをして緊張を解きほぐすといいといわれます。

今回は、私の紹介をした後、グループごとに参加者同士での自己紹介をしていただきました。
いつも「笑いヨガ教室」でやっているやり方で。

1.名前を言って笑う。(聞いている人も一緒に笑いながら拍手をする)
2.どこの事業所から来たかを言って笑う。
3.どんな職種かを言って笑う。
4.好きな食べ物を言って笑う。

もちろん、皆さん、初めてのことでしたが、楽しそうな笑い声があちこちから聞こえてきました。



送っていただいた写真は、そのときのものです。

1.誰でもメンタル不調になる可能性があること。
2.どうしてメンタル不調になるのか。
3.どうしたらメンタル不調を予防できるか。

こういう流れで進めていきました。

理論編が終わったらいよいよ実践編。
タイトルにもあるようにいろいろ体験をしていただきました。

コミュニケーション力を高める積極的傾聴。
呼吸法。
肩こり予防体操。
そして、笑いヨガ。

笑いヨガは、皆さん、はじめてなのに、ノリノリでやってくださり、笑い声が会場いっぱいに響き渡りました。
「楽しかったです」という声もたくさんいただきました。
研修のあいだに、たくさん笑っていただいて、研修そのものがストレス解消になったらいいなと思います。


今回の講演のきっかけをつくってくださったのは、教員時代の先輩。
その先輩が1つの事業所の所長をされていて、まずその事業所に笑いヨガに行って・・・というところからの流れでした。
ご縁は大切にしたいものだと改めて思いました。

午前の部に先輩も参加されていて、ちょっと面映ゆい思いでしたが、終了後に挨拶をしたら「去年も参加 したけど、去年より良かったよ」と。

何よりのエールでした。






  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 15:21Comments(0)メンタルヘルス研修・講演

2014年10月14日

商工会議所ニュースに掲載されました

みなさま、台風19号の被害はなかったでしょうか。

私は、ヨガのセミナーに出かけた帰り、雨風が強くて吹き飛ばされそうだったのですが、あっという間に傘が無残な姿に。
傘が身を守ってくれたと感謝して、さよならをします。

ところで、福岡の企業をサポートする商工会議所では、月に1回、『商工会議所NEWS』 が発行されています。
サンシャインも会員に登録しているので、毎月送られてきます。
先日、10月号が届きました。




この冊子の中に、会員が一度だけ掲載できる「福showほっとニュース」というページがあります。
いつか載せたいと思いながら、何を載せたものかと考えること5年・・・(笑)
やっと原稿ができて掲載の運びに。




福岡の企業がもっと元気になれるよう、ヨガの呼吸法や笑いヨガを組み込んだ体験型のメンタルヘルス研修の出前ができればいいなと思っています。

明日は、あるお役所にメンタルヘルス研修の講師で出張します。
元気を届けられたらと思います。  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 19:09Comments(0)メンタルヘルス研修・講演

2013年06月19日

5時間の講演

あるお役所の講演を依頼され、昨日、無事お役目を果たすことができました。

今回いただいたお題は、「パワハラ」。
「職場内での力による嫌がらせ」の防止に貢献するための講演です。

新しい本を読むところから始まって資料を作るところまで
講演の準備に相当な時間を要してしまいました。




やっと資料の目途がついたとき、ふと講演時間が5時間ということに気づき、
「5時間もずっと立っていられるのだろうか」と気になりだしました。

20代で右膝を傷めてからというもの長く立つことが厳しくなった私です。

でも、引き受けたからにはやるしかない、
何とかなるだろう、という思いで臨みました。

講演の途中、まだまだ2時間しか経っていない、
あと3時間も大丈夫だろうか、と思ったりもしましたが、
何とか5時間の任を終えることができました!

『足が棒になる』と言いますが、本当に言葉のままでした。

サンシャインに戻って、生徒さんたちと一緒にヨガをしましたが、
このときほど「ヨガができて良かった~」と思ったことはありません。

30年前、復職したころは、30分立っているのがやっとだったことを思うと、
5時間も立っていられたことは「有難い」の一言です。

これからも地域社会に貢献できる存在であるために、
もっと体を “創って” いきたいと思っています。  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 20:02Comments(0)メンタルヘルス研修・講演

2011年11月14日

小学校PTAで講演

分厚い封書が届きました。

早速、開けてみると、講演のお礼状と写真でした。

大野城市の小学校のPTAで講演をさせていただいたのは
ちょうど1週間前。




7月に講演のお話をいただいて役員のお母さんと打ち合わせ、
「子どもの話を聴くことができていますか?
  ~話が聴ける親になるための心と体の整え方~」
というテーマにしました。




話が聴けている方だと、いまさら、という内容ですが、
幸いなことに、ほとんどの方が 「自信がない」と。





呼吸法やカウンセリング
体験も組み込んで
実践的なものにしました。





























参加者された方々からいただいた感想のいくつかをご紹介します。

icon123楽しくためになる講座でした。子どもの頃、母に傍にいてほしかったのに、自分が子どもと接するときにはそれを忘れていることに気づきました。これからは子ども目線で接することを忘れずにいたいと思います。

icon134母親である自分のケア(心と体のコンディションを整える)の仕方から、子どもの話の聴き方まで一つの流れで聴け、勉強になりました。

icon188呼吸の仕方ひとつでリラックスでき、参考になりました。きょうから子どもを抱っこしてみようと思いました。

icon187親としての心構えを再認識しました。呼吸法、笑いヨガ、カウンセリングも体験でき、とても有意義な時間を過ごすことができました。とても楽しかったです。


講師の私も一緒に楽しめた講演でした。。
ストレスの多いお母さんたちの力に少しでもなれたなら、嬉しいです。

青空の帰り道で見つけた珍しい花と実。
何という名前なのでしょうか。


  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 17:30Comments(0)メンタルヘルス研修・講演