心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by at

2014年05月25日

感謝 ~オランダ研修旅行14

早いものでオランダ研修旅行から帰国して1ヵ月近くになります。
撮ってきた写真をアップしながらブログにリポートを続けいくうちに13回にもなってしまいました。
「楽しみにしています」などの声を励みに、何とか帰国まで辿り着くことができました。

表面的なリポートになってしまいましたが、ご一緒に楽しんでいただけたのでしたら嬉しいです。

途中、カメラのデータがすべて消えてしまうというアクシデントがあり、iphoneのデータしか使えなかったため、お見せしたい写真をアップできずにいました。
その後、データを復旧できたため、途中からは両方の写真をアップすることができたのですが、記事に間に合わなかった回 (ゴッホ ~オランダ研修旅行2) の分をもう一度、写真とともにお届けします。
(余談ですが、データ復旧に2万円かかりました。過ってデータを消してしまわれた方が自分の責任だから・・・と全額出してくださいました。感謝!)



街の中も素敵ですが、私はやっぱり自然の中が好きです。

デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園の中を1時間半も歩いたことは、忘れられません。

まだ歩き始めたばかりの頃。




行けども行けども目指す美術館はなかなか見えてきません。
途中にこんな大きな木が。



すぐ隣の木も大きい!




名も知らない小さな花。



可憐なスミレも。




やっと辿り着いたクレラー=ミューラー美術館。
クレラーさんらしき銅像が建っていました。




おなかがペコペコだったので、ランチはたっぷりでしたが完食。



たくさんのゴッホの絵に満足した後、中庭では小鳥の声に癒されました。




その日、私が1時間半歩いても平気でいたことに、友人がびっくりしていました。
20代半ばに3度目の膝の手術をした時からのことを知っているのでなおさらです。

日頃のヨガに加えて加圧トレーニングをしていること、免震中敷きの靴を履いていることなどで足腰が鍛えられてきたからでしょうか。

旅半ばでちょっと風邪を引きかけましたが、一日ですっかり回復。
日頃の健康づくりと友人のサポートのおかげだと思います。

8泊9日を元気で楽しめたのもいろんな方のおかげ、と感謝の気持ちで振り返っています。
ほんとうにありがとうございました。

そして、ブログを読んでくださったみなさま、どうもありがとうございました!






  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 19:24Comments(0)オランダ研修旅行

2014年05月22日

「アムスダム」ウォッチング ~オランダ研修旅行13

いよいよオランダを発つ日が来ました。

ホテルでの最後の朝食。
5回目の朝食でしたが、私のお気に入りは、豆の煮物。



この味を覚えて日本でも作ってみたいと思いました。

11時にはホテルに戻る予定で一人で散歩に出かけることにしました。
前日の朝買った24時間有効の切符で片道だけトラムに乗り、帰りはアムスダムの街をウォッチング。
日本では、「アムステルダム」と言いますが、耳で聴くアナウンスは、「アムスダム」。
短くて言いやすいので、オランダにいる間は、「アムスダム」と言っていました。



降りた駅の近くの公園には、日本では見たことがない花が。





公園でヨガをした後、見上げるような大きな木にハグしてみました。




公園近くの本屋さんでヨガの雑誌を見つけました。



今回は、ヨガ教室を訪問する余裕がなかったので、お土産に買って帰ることに。




クルーズで回った運河ともお別れ。
巨大なお地蔵さんの顔のようなものが欄干に。


橋の左にはアンネが隠れ家から時々見たという西教会が。

右にはガイドブックに載っているのを見て行ってみたいと思ったおふくろの味のレストランも。



店内にはお母さんの写真がいっぱい。
まだ開店前だったので、写真だけ撮らせてもらいました。


日本的な花、藤を装飾にしている家も。



ホテルの近くにも同じような家がありました。




ダム広場に立っていると、馬車が。
オランダのビール、Heineken (ハイネケン)のビア樽を運んでいたのです。



ちょうどホテルに戻りついたとき、その馬車はホテルの前を通過。
観光用かと思いきや、いまでも普通の配達手段のようです。


お昼過ぎに出国手続き。
係官のお兄さんは、「こんにちは。お元気ですか。いい天気ですね~」と、日本語を立て続けに。
おかげで笑って出国することができました。


飛行機に乗る前に残ったユーロをボックスに寄付。
私は、小銭しか持っていませんでしたが、お札もたくさん入っていました。


自然な寄付、いいですね。

機内での夕食。



ここでも豆料理が美味しかったです。

真夜中のアイスクリームが気になって眠りも浅くなってしまいましたが、翌朝、無事福岡に着きました。










  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 23:09Comments(0)オランダ研修旅行

2014年05月20日

チューリップ  ~オランダ研修旅行12

オランダといえばチューリップ。
でも、これまで街の中であまり見かけませんでした。

日曜日にアムステルダム国立美術館に行ってはじめて、たくさんのチューリップに出会いました。



色ごとの花壇もありましたが、いろんな色のが咲き乱れているのが印象的でした。
日本では、色ごと(種類ごと)の花壇しか見たことがありませんでしたので。






この美術館は、1885年に開館した歴史あるものですが、昨年4月に10年間に渡る大改修工事を終えてリニューアルオープンしたのだそうです。

そのいきさつは・・・
建築家ピエール・カウペルスは、名高いレンブラントの『夜警』を祭壇に据えるイメージで展示することを想定して設計し、内装デザインも自ら手掛けたが、20世紀半ばの新しい芸術の流れを受けて全て塗りつぶされてしまった。今回の改修工事で壁画や床装飾も再現され、カウペルスの意志が蘇った。

内装も芸術作品のよう。




レンブラントの『夜警』が、見えてきました。



みんな、写真を撮っています。



3.8m×4.5mもある大作で、声が聞こえてきそうなほどリアル!
レンブラントは集団肖像画にドラマ性を与えた、と言われます。
世界3大名画の一つだそう。




フェルメールの絵も数枚ありました。
何気ない日常が優しく描かれています。







ゴッホの自画像も。




日本の磁器もいくつかありました。




迷いそうなくらい大きな美術館で、半分も観なかったのではないでしょうか。



お昼には雨も上がり、青空が見えてきました。
美術館の全体が見えるところで記念撮影。



小さいので、よく見えないかもしれませんが、 I amsterdam という文字盤があります。
なぜそれが掲げてあるのかはわかりませんでしたが、面白いなあと思いました。


すぐ近くにゴッホ美術館もありましたが、入るまでに1時間待ちなので、今回は諦めました。


ゴッホ美術館の前を通っているトラム。



線路わきのチューリップもいろんな色が混じっていました。
日本でもこんな植え方の花壇ができるといいなと思いました。

人も、いろんな人が混じっているほうが楽しいように、チューリップもいろんな色が混じっていると楽しい。
そんなことに気づかされました。







  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 23:17Comments(0)オランダ研修旅行

2014年05月18日

アンネの日記 ~オランダ研修旅行11

4月21日にオランダに着いてからずっと晴天に恵まれましたが、27日、日曜日は朝から小雨。
少し肌寒い天候でした。

この日は、アンネ・フランク・ハウス博物館と国立美術館に行くことにしました。

アンネ・フランク・ハウス博物館には、開館前からかなりの人の列ができていて、30分以上待ってやっと入ることができました。

『アンネの日記』のアンネ一家が、第二次世界大戦中、ナチスの目を逃れて隠れ住んだ家、アンネ・フランク・ハウス。
アンネが日記を書いていた当時のままの部屋が残されていましたし、当時を証言する物や映像も。

今年の1月、『アンネの日記』を感動のうちに読み終えた少し後に読んだ歴史書に「『アンネの日記』は戦後、米国のユダヤ人作家の手で書かれた創作であり、アンネとは無関係である。」と、記述されていました。

その歴史書には、いままでの常識が引っくり返るようなことがいろいろ書いてありますが、真実味もあり、私は、混乱状態でアンネ・フランク・ハウスを訪れたのです。

『アンネの日記』に出てくる、部屋の入り口を隠した動く本棚、キッチンや洗面所、アンネの部屋などがそのままあり、アンネが壁に貼っていた女優の写真なども当時のまま。




それに、アンネが13歳の誕生日プレゼントにもらったという日記帳も展示されていました。



出版に当たって多少の脚色はあったかもしれませんが、アンネが隠れ家生活を送って、日々日記を綴っていたことは確かでしょう。

日本語版の博物館カタログを買ってきました。
このアンネの写真は、その表紙のものです。



帰りの飛行機の中で読みましたが、「隠れ家以降」のことも書かれています。

強制収容所アウシュビッツから解放された父オットー・フランクは、まず妻の死を知り、その後、ずっと探し回った次女アンネと長女が強制収容所ベルゲン=ベルゼンで死んだことを知りました。
博物館での父オットー・フランクの訴えるような声が耳に残って、その心中を察すると、涙が止まりませんでした。

こんな悲しい思いをする人が少しでも減りますように。

  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 22:43Comments(0)オランダ研修旅行

2014年05月18日

ロベール先生 ~オランダ研修旅行9

◎5月13日に一度アップした記事ですが、手違いで削除してしまいましたので、再度アップします。

ブリュッセルのホテルには、こんな素敵な母子像やルノワール、モネの直筆の絵も飾られていました。









今回、ブリュッセルまで足を延ばしたのは、チョコレートを買うためではなく、友人がチェンバロの巨匠ロベール先生に唐津焼のお皿を届けるためでした。



ロベール先生の演奏は、福岡古楽音楽祭で聴いたことはありますが、お会いするのは初めて。


ホテルでの待ち合わせまでブリュッセルの街を散歩しました。

すぐ近くにはノートルダム・ド・ラ・シャペル教会が。
澄んだ響きのミサ曲が流れていました。



グラン・サブロン広場では、ちょうど蚤の市が開かれていたので、しばらくアンティークの世界で遊びました。
日本の磁器も並んでいました。



王宮の正面に位置するブリュッセル公園には新緑が溢れていました。









道路の真ん中に大きなブロンズ像が。




芸術の丘からの眺めは最高!







ランチは、ロベール先生がご馳走してくださいました。
私は、ロベール先生と友人の会話をBGMに、ベルギー料理の数々を楽しみました。




緑茶は、ベルギー流に砂糖を入れて飲んでみました。





ロベール先生の握手はとても力強く、あの素晴らしいチェンバロの響きはこの指から産まれるのだと、また聴きたくなりました。
ありがとうございました、ロベール先生!
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 19:23Comments(0)オランダ研修旅行

2014年05月15日

オランダイチゴ ~オランダ研修旅行10

私が「オランダ」という言葉を知ったのは、たぶん小学2年生の頃。
先隣りの家の庭にオランダイチゴが植えてあったのです。
当時は、今のようにイチゴが普通に売られてなくて、イチゴと言えば、野イチゴか木イチゴ、それにヘビイチゴが当たり前の時代でした。
だからその家のオランダイチゴをいいなあと思って見ていた思い出があります。

いまは、わざわざオランダイチゴとは言わなくなりましたが、江戸時代にオランダから輸入されたので、和名を「オランダイチゴ」というのだそうです。 
そのオランダイチゴにハーグで出会いました。



ブリュッセルからオランダ・アムステルダムに戻るユーレイルの終点がハーグ。
アムステルダムに戻るにはハーグの手前のロッテルダムで乗り換えないといけなかったのですが、せっかくなので終点のハーグまで行ってみることにしました。

もう6時過ぎだったのでハーグで夕食をいただくことにし、レストランを探しました。
その途中で見かけたのが、写真のオランダイチゴです。

子連れの女性が薦めてくれた川のほとりのレストランに行ってみました。



4月26日はちょうど、2013年に即位したウィレム=アレクサンダー国王の誕生日を祝う初の「王の日」だったからか、国旗が掲げてありました。
(本来の誕生日は27日だけど日曜なので前日が「王の日」になったそう)
川には王様の色であるオレンジ色の三角旗が飾られ、レストランの前では人が集まって歌ったりしていました。




メニューを見ながら「お肉の入っていないのは?」と聞くと、アスパラガスの一品のみ。
そこで特別にスープも作ってくれることになりました。
ガーリックトーストのディップも野菜のを作ってくれました。



特製のアスパラガススープは、丼のように大きな器にたくさん入ってきました。
そして、ホワイトアスパラガスの一皿。




残り少ないユーロが気になって、サラダもデザートも頼まなかったのに、コース料理と同じ34.5ユーロ(5000円弱)に。
こんなことならコースにすればよかった、とちょっと後悔。


駅に戻ったときは、8時近くでしたが、まだ夕方という明るさです。



自転車王国のオランダでは、自転車を乗せられる車両があります。



ハーグから1時間、やっとアムステルダムに戻りました。
「王の日」のお祭りのオレンジが街のあちこちに。






私たちのホテルにもオレンジの三角旗がたくさん飾られていました。  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 22:09Comments(0)オランダ研修旅行

2014年05月11日

アンドラという国 ~オランダ研修旅行8

「アンドラ」という国をご存知でしょうか?
ブリュッセルに行くまでは、聞いたこともない国名でした。

グランプラスから続く道を歩いて行ったところはアゴラ広場。
大道芸人がいたり、野外レストランがあったり、賑やかな街角でした。






この広場に立っていると、突然、若い男性が肩に手を当てて声を掛けてきたので、びっくり。
一緒に写真に写ってほしいと言うなり、ハイパチリ。

どこから来たのか訊くと、「アンドラ」と。
フランスとスペインの間にある小さな国だ、とのこと。

笑いながら風のように去っていった二人の青年。



夕食にベルギー料理という小エビのコロッケをいただきながら、
「きっとあの二人は、わたしたちのこと、まさか60代とは思っていないでしょうね」と笑い話に。


ホテルに戻って、ユーレイルの地図を開いてみると、ありました!
Andorra (アンドラ)。



小さいので、拡大してみました。




アンドラ公国。http://www.asahi-net.or.jp/~yv9t-brun/andorra.html
写真を見ると、とても魅力的な国です。

いつの日か行ってみたい。
そんな夢を抱かせてくれた出来事でした。


  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 17:17Comments(0)オランダ研修旅行

2014年05月10日

ユーモア ~オランダ研修旅行7

オランダ研修旅行5日目も晴天に恵まれ、ベルギーの首都ブリュッセルへと向かいました。
見渡す限りの平原。
やはりあちこちに風力発電が。




ホテルに荷物を預けてグランプラスへ。
歴史的な建造物に囲まれた広場で、まるで18世紀に舞い降りたかのよう。
フランスを亡命し、ここを訪れた文豪ヴィクトル・ユーゴは、「世界で最も美しい広場」と驚嘆したそうです。





ベルギーと言えばチョコレート。
広場に面したギルドハウスにはチョコレートショップもありました。
「GODIVA以外のを買ってきて」というリクエストに応えてお隣のお店に。







ランチを済ませてホテルへ戻り、預けていた荷物を受け取りました。



着替えを入れたくらいの軽い荷物だったのですが、「重たーい」と言わんばかりによろけて渡してくれ、大笑い。
ユーモアのセンス抜群!


そういえばブリュッセルの街角では、ユーモア溢れるものをたくさん見かけました。

おしっこする犬の銅像なんて世界広しと言えどもこれだけでしょう。



買い物帰りの老女の銅像も。
こんな姿が絵になるなんて。




ショーウィンドーのユーモラスな置物。



アパートメントの壁面には漫画みたいな絵が。




マンガショップもありましたよ。




人生を豊かにするユーモア。
どんなときもユーモアの心を忘れないことをブリュッセルの人と街から学びました。















  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 22:46Comments(0)オランダ研修旅行

2014年05月08日

風車の街 ~オランダ研修旅行6

新緑の間から漏れてくる朝の光を浴びながらスリヤナマスカール(太陽礼拝のポーズ)をした後、朝食をいただきました。
なんという贅沢な時間!



緑の向こうはライン川。
駅へ向かうときは、少し遠回りをして川岸を歩きながら別れを告げました。。


ケルン駅からユーレイル鉄道でオランダへ戻り、風車が大切に保存されているザーンセ・スカンスへと向かいました。




早く風車を見たい気持ちをおさえてまずは腹ごしらえ。
自然食(たぶん)のお店で50gずつ計るスタイルのランチをいただきました。





野鳥を見ながらお庭でのランチはまた格別。




ランチを済ませて少し歩くと、風車群が見えてきました。



風車を背景に記念撮影。





油を挽いているという現役の風車もありました。




風車の反対側は見渡す限りの田園風景。



ヤギや鶏、カルガモの母子もいました。
時間がゆっくり流れます。







「ハウステンボスに来たみたい」
そんな言葉を口にしてしまいましたが、17世紀当時のザーン地方の伝統的な建物や街並みを再現した野外博物館だそうなので、さもありなん、ですね。

  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 22:17Comments(0)オランダ研修旅行

2014年05月05日

アスパラガススープ ~オランダ研修旅行5

ケルンのホテルは思った以上にリラックスできるお部屋で大満足。



荷物を置いて食事に出かけました。

すぐ近くにこんなに立派な像が。
何と書いてあるのかよくわかりませんでしたが、この地域に貢献した英雄なのでしょう。



雷が鳴ってきたので、近くのレストランに入って雨宿りを兼ねることに。
夕食は、これもドイツ料理?



長いライス、黒いライスと書かれていましたが、その通り日本米の2倍の長さ。
日本米のようには粘りがありませんが、この米によく合う味付けのシンプルな料理でした。
サーモンは、ちょっと大味。
お腹いっぱいになりました。

ちょうど雨も上がっていたので、すぐ近くのライン川沿いを散歩しましたが、その途中で「オススメ旬のアスパラガス料理」と書かれた看板が目に飛び込んできました。
「わぁー、食べてみたい!」
でも、お腹いっぱい。

そこで、ライン川にかかった橋を渡ってお腹を空かせることにしました。
橋からは、こんな壮大な夕景色が。



昼間見たケルン大聖堂が夕空に浮かび上がっています。


まだお腹の余裕はありませんでしたが、スープだけいただくことにしました。



初めてのアスパラガススープは濃厚で、「う~ん、おいしーい!」
さすがにパンは残してしまいましたが。
ごちそうさま。

翌日は、オランダに戻って風車を見に行く予定です。







  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 22:27Comments(0)オランダ研修旅行

2014年05月04日

ケルンで出会った坊や ~オランダ研修旅行4

アムステルダムからユーレイル鉄道の周遊券を使ってドイツのケルンに一泊二日で出かけました。
これはアムステルダム中央駅ですが、大きな駅は、どこも似たような構えです。




ケルンへ向かう車窓は広々とした田園風景。
当たり前のように風力発電がみられます。



ケルン駅を降り立つと、ドーンとケルン大聖堂がそびえていました。
大きすぎてカメラに収まりません。








見上げるような聖堂には見事な装飾があちこちに。











ランチは、野菜団子をギョーザの皮のようなもので包んだものをトマトとチーズで味付たドイツ料理をいただきました。



隣の席にいた1歳くらいの坊やが私に笑いかけてきます。
あまりに可愛いのでママに許可をもらってパチリ。



時折ママが口に入れてくれる物を食べながら、席を立つまでずっと私を見てニコニコし通し。
ママに声をかけられる直前には、左手を差し出してきて・・・
なんと握手を求めてきたのです!

1歳にして既にコミュニケーションの天才。
きっと素敵な人生を歩むことでしょう。
今回の旅で一番心に残った人でした。









  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 23:01Comments(0)オランダ研修旅行

2014年05月03日

運河クルーズ ~オランダ研修旅行3

三日目もお天気に恵まれ、アムステルダムの運河クルーズを朝から楽しみました。

オランダの首都、アムステルダムとは、アムステル川に築かれたダム(堤防)という意味。
その名の通り、大小165の運河と1,292の橋をもつ「水の都」なのです。
一番短い60分コースで巡りました。



ご一緒に乗ったつもりでお楽しみください。








きれいな景色を見ながら広い運河をゆったりと進むのは、とても気持ちいいものでした。




前日にクレラー=ミューラー美術館で観たゴッホの「アルルの跳ね橋」の絵のモデルになった橋も見えました。




同じ橋が7つ重なって見えるビューポイント。
わずかなタイミングのズレでうまく撮れていませんが。



高級住宅街だそう。



屋根の上の装飾がオランダ建築の特徴で、それぞれの家の主張(誇り)でもあるそうです。
手前に見えるのはボートハウス。
市内に2800あるそうで、運河の上で人が暮らしています。
政府はこれ以上は増やさない方針だそう。



『アンネの日記』のアンネが、カーテンの隙間から見たという西教会が見えてきました。




アンネたちが隠れ家生活をしたアンネ・フランクハウスも見えました。



旅のどこかで訪れる予定です。

  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 22:40Comments(0)オランダ研修旅行

2014年05月02日

ゴッホ ~オランダ研修旅行2

二日目は、オランダ最大の国立公園の中に佇むクレラー=ミューラー美術館を目指し、鉄道とバスを使って1時間半。そこでまたバスに乗り換える予定でしたが、30分の待ち時間があったので運転手さんが「自転車で行ったら」と。

公園内に何百台もの自転車が置いてありましたが、日本の自転車と違って乗りにくく、結局歩いていくことにしました。




だだっ広い林の中を歩けども歩けども美術館らしきものはなかなか見えず、やっと辿り着いたときは、1時間半もかかっていました。

美術館には、まだ観たことがないゴッホの絵がたくさん展示されていて写真も撮ることができたので、大満足。

その数々をどうぞご覧ください。




























今まで見た有名な絵は殆どが立派な額に入っていましたが、ここの美術館では、どれも木のシンプルな額に入っていました。


中庭は広く、小鳥の声を聴きながらオランダの自然を楽しみました。




帰りは、美術館近くのバス停からバスに乗ったら10分で乗り換えのバス停に到着。
行きは1時間半も歩いたのに・・・

でも、歩きながら小さな可愛い花々を見たり、大木に触れたり・・・
自然からの贈り物をたくさんいただいた時間でもありました。


  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 19:49Comments(0)オランダ研修旅行

2014年05月01日

アムステルダム  ~オランダ研修旅行1

オランダ研修旅行から一昨日の朝、無事帰ってきました。
サンシャインは、一週間、お休みさせていただきましたが、おかげでオランダ、そしてドイツのケルン、ベルギーのブリュッセルを満喫することができました。

一緒に行った友人は、何度もヨーロッパを旅していますが、「今回は、本当に良い研修になった~」と。

途中、幾度も日本人のツアー客とすれ違いましたが、私はやっぱりフリーの旅が性に合うなと思いました。

密度の濃い、充実した日々。
せっかくの機会でしたので、写真を入れながらリポートしていきたいと思います。

ご一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです。

福岡空港からKLMオランダ航空で11時間半。
途中、シベリアの大雪原が見えた時は、その壮大さに感動。
地球は大きいなと感じました。

空港から電車で15分。
オランダ最大の都市、アムステルダムに到着。



18世紀にタイムスリップしたような気になりました。
新しい東京駅のモデルになった駅だそうです。

ホテルまで歩いて10分弱。
トラムという電車に乗ろうかと思って訊いた駅前のお巡りさんが「歩いて行ったほうがいいよ」と言われたとおりでした。

ホテルに着くまでの街景色。




いろんな建物が雑然と並んでいる日本と違って統一感があり、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

ホテルで一息ついた後、近くを散歩。
一度は乗ってみたいトラムがしょっちゅう通っています。



王宮と呼ばれる昔の宮殿。


屋根の上に素敵な飾り物が。

飛行機の中で夕食も出たのですが、やっぱり夜になると食べたくなり、初めてのオランダ料理なるものをいただきました。

エンドウ豆のスープにマスのフライと生野菜の盛り合わせ。
しめて20ユーロ。日本円だと3000円弱。
内容の割にちょっと高め?

夜の9時になってもまだ明るいアムステルダムでしたが、翌日からの旅を楽しみに早めにホテルに戻りました。




  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 22:17Comments(0)オランダ研修旅行