心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by at

2016年03月20日

「大還暦」を目指して!?

わたしの母は、96歳で他界しました。
96歳の誕生日を迎えた時、「母親が95歳で亡くなったので、それを超えるのが目標だった」と。
目標を達成 して旅立っていきました。

私には、何歳まで生きるといった目標はいまのところありません。

ところが先日、「120歳の大還暦まで生きる!」と、豪語している人に出会いました。
マスコミにもよく登場されている南雲吉則医師です。

アラカンフェスタというイベントの『主治医が見つかる診療所』の所長、草野仁氏と南雲医師のトークショーでのことです。
草野仁氏71歳、南雲医師60歳。
お二人とも若々しい姿と考え方をお持ちでした。

一日一食にして20歳若返ったという南雲医師が自分の体を実験台にして得たという健康法を知るために『大還暦』という本を購入。
サインをしていただきました。



トレーニングや早寝早起きは、私もチャレンジしていることではありますが、まだまだ甘く流されてしまいます。
それでも、10時半を目標に寝てゴールデンタイムに細胞を若返らせることを意識しながら日々実践中です!
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 16:25Comments(0)健康づくり

2016年03月07日

人生を変える! トレーニング

この写真のダンディな方、ご存知ですよね?



そう、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんです。

先日、「人生を変えたトレーニング」と題するトークを聴く機会に恵まれました。

今月、76歳のお誕生日を迎えられるそうですが、背筋が伸びて若々しい姿でした。
ちょうど70歳からトレーニングを始められたといいます。

トレーニングを始める前と今を比べると、3倍の仕事をこなせるようになったそうです。

俊太郎さんが体、特に下半身を鍛えようと思われたきっかけはお母様のこと。

お母様は95歳で、ご存命と聞いてホッとしたのですが、俊太郎さんのこともわからないようになっていらっしゃるそうです。
87歳くらいまでママさんコーラスの福岡県代表を務められていたそうですが、後進に道を譲られてから転倒 して大腿骨折をしたりして、どんどん弱り、数年前からは認知症にも・・・

実は、わたしも鳥越ママには20代の頃、お世話になっていたのです。
小さな合唱団、九州青年合唱団に入っていたのですが、その指導者兼指揮者が鳥越ママ。
ちょうど87歳の頃、お会いし、お元気だったので、良かったと思っていたところでしたが。

俊太郎さんは、最後の質問の時間に上着を脱いでTシャツ姿を見せてくださいました。
胸筋と腹筋がしっかりと見えました!

わたしも、俊太郎さんを目標に、鳥越ママを教訓に、トレーニングに汗を流します。  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 18:38Comments(0)日記健康づくり

2015年09月27日

高野山の精進料理

先日のブログ「体が喜ぶ食事」に、「明日からの3日間、その『体が喜ぶ食事』について体で味わってきます。」
と、書いていましたが、実は、高野山で精進料理をいただいてきました。

今年は、空海さんが高野山を開創されて1200年だそうで、TVや雑誌でも高野山特集が組まれたりしています。

精進料理が戴けるというので、宿坊に2泊 して高野山を堪能してきました。


まずは、高野山の総本山、金剛峯寺へ。
豊臣秀吉が亡母の菩提のため建立した寺です。




山門の仁王像。
左の像は、筆を持っています。
三筆と言われた空海にちなんでいるのでしょうか。
胸には、セミがとまっています。
セミのように声がどこまでも届くようにという象徴だそう。



右の像にはトンボが。
トンボの眼のように四方八方をよく見渡せるようにということだそう。




きれいに整えられた石庭。
気温が低いからでしょう、もう紅葉が始まっていました。




広い台所には、2000人分のお米が炊ける大きなお釜が3つ並んでいました。
ずいぶんたくさんの人たちの食事を賄っていたのですねえ。




宿坊に帰って、いよいよ楽しみにしていた精進料理!
ゴマ豆腐をはじめ、豆腐や湯葉、麩、高野豆腐などの大好きなお料理がたくさん。
しっかり味わっていただきました。






  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 20:00Comments(0)健康づくり

2015年09月20日

体が喜ぶ食事

9月16日のブログ「健康チェックでマイナス20歳?!」に「体に良い食べ物を意識 していただいてきた」と書きましたが、体は食べた物でできるので、やはり大切ですね。

先日行ったレストランにこんなものが貼ってありました。



特に「体が喜ぶ食事をすれば自然に体も健やかに」は、日々実践していきたいことですね。

明日からの3日間、その「体が喜ぶ食事」について体で味わってきます。
どんな食事なのか、いまから楽しみです。
写真付きでリポートしたいと思いますので、どうぞお楽しみに。
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 18:08Comments(0)健康づくり

2015年09月16日

健康チェックでマイナス20歳?!

先日、ハウステンボスの健康祭で健康チェックを受けてみました。

まずは、脳の検査。
脳が混乱するような検査でしたが、何とかマイナス10歳でクリア。
ほっ~




次は、血管の状態を調べる検査。
マイナス20歳という結果が出て、またまたほっ。



お肌の健康度も、マイナス10歳。
何もお手入れしないのがいいのかもしれません。




最後に、体の姿勢・身体動作分析。
いろいろ体を動かして調べます。





今の動きから未来を予測 した画像が出てきました。
(実際は、動画なのでもっとリアルです)



将来、体が右に片寄る危険性があるそう。
意識して体を創っていく必要があることがわかりました。

この時の検査は、病院などで検査するのより甘く出ているのではないかと思いますが、おおむね実年齢より若いという結果が出て、一安心。
20代半ばで右膝を損傷して以来、健康には気をつけ、ヨガを実践し、体に良い食べ物を意識していただいてきたご褒美かなと、ちょっぴり嬉しくなりました。
ここまで健康を保ってこれたことに感謝し、さらに健康づくりに力を入れていきます。
自分の体を通して得たものを、サンシャインの生徒さんや関わる方たちにお伝えしていきたいと思っています。



  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 19:01Comments(0)ヨガ健康づくり

2015年08月14日

命を育む女性のための健康講座 ~お血、冷えの改善~

残暑お見舞い申し上げます

いくらか太陽の陽射しが柔らかくなったように感じますが、まだまだ残暑が厳しいですね。
夏バテされませんように。

さて、7月7日に開催した昌樹医院×サンシャイン コラボセミナー、「命を育む女性のための健康講座」。
好評でしたので、第2回を開催することになりました。

今回は、女性に多い「お血」や冷えを改善するにはどうしたらいいかを統合医療、エネルギー医学を推進されている医師 川原雅樹先生にお話ししていただきます。

「お血」とは、本来体の中をサラサラとスムーズに流れるはずの血液が、体のあちこちで滞ったり、血液そのものが汚れてドロドロした血になり流れにくくなった状態のこと。
「お血」が改善されることが、体調を整えるのには重要だといわれます。

 
日時 : 2015年8月20日(木) 14時~15時30分

場所 : サンシャイン セミナールーム

講師 : 昌樹医院 院長 川原雅樹先生

コーディネーター : サンシャイン 村上眞知子

参加費 : 無料(エンブリオ基金への募金をお願いします)

◎お申込みは、サンシャインへ
   ☎ 092-404-1447  メール info@sun10.net

冷えを改善したい方、体調を整えたい方、ぜひご参加ください。


  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 09:43Comments(0)健康づくり

2015年07月22日

ヨガ+α健康セミナー&「温芯美人」体験会

梅雨がなかなか明けず、天候不順なこのごろですが、お変わりなくお過ごしでしょうか。

さて、暑い夏こそ冷え体質を改善するチャンスです。

そこで、「冷え体質からの脱却、血流改善をめざして」というテーマでセミナーを開催します。

講師は、中国遼寧中医薬大学鍼灸部 教授 王 淑娟(おう しゅくけん)先生




今回、三益製薬株式会社さんのご協力で特別に王先生にお話ししていただけることになりました。
王先生は、耳つぼのスペシャリストだそうなので、どんな技を見せていただけるのか楽しみです。

このセミナーは、「温芯美人」を体験していただきながら進めていきます。



「温芯美人」とは、会陰を温める香炉が入った椅子です。
座るだけで健康になれる、という優れもの。
心地よい温かさを感じながら、王先生のお話に耳を傾けてみませんか。


日時: 2015年8月1日(土)13時30分~15時

場所: サンシャイン セミナールーム

参加費: 無料(エンブリオ基金への募金をお願いします)

◎お申込みは、サンシャインへ   
☎ 092-404-1447  メール info@sun10.net



冷え体質を改善したい方、健康になりたい方のご参加をお待ちしています!
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 18:00Comments(0)健康づくり

2015年05月19日

一日一万歩めざして

私がヨガを始めたのは32年前。
きっかけになったのが横須賀市にある国立特殊教育総合研究所(当時)での3ヵ月の研修。
3ヵ月後に研修を控えての不安を払しょくしようとしてヨガを始めたのでした。

その研究所でお世話になった先生が、先日、コミュニケーション障害学会への参加のため来福されました。

お会いするのは、東日本大震災直後に東京で食事して以来、3年ぶりでした。

「お元気かしら?」
頂いたメールの文面からちょっと心配していたのですが、杞憂だったことがお元気そうな顔を見てすぐにわかりました。

サンシャインを早く閉めて食事に行ったのですが、御年79歳になられるのに、お酒もよく飲まれてお元気そのもの。

食事が終わると万歩計を見て、「きょうはまだ6000歩だからホテルまで歩いて帰るわ」
そう言ってスタコラスタコラ歩かれるのです。
私も人から「歩くの速いね」と言われるのですが、先生も速いこと。

六本松から渡辺通のホテルニューオータニまで、ちょうど30分。
無事に一万歩を超えました。

9時半を回っていたので、タクシーで送るつもりでしたが、なんのその。
私も先生に大いに刺激されて「万歩計を買おうかな」と思ったほど。

翌日、ふとスマホで以前ちらっと見たヘルスケアというアプリを思い出して開いたところ、ダッシュボードが表示されていたのです!




先生と一緒に歩いた15日は、1万5000歩になっていました。
こんな便利なものがあったのですね。

それからというもの、一日一万歩を意識して歩くようにしています。
きょうは、まだまだ目標に程遠いです。
帰りは歩くことにしましょうか。












  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 20:28Comments(0)ヨガ健康づくり

2015年04月24日

「いま、ここ」を大切にする

春らしいお天気が続いていますね。

福岡市の舞鶴公園では26日まで藤棚休憩所が設けられています。




アウトソーシングの方との打ち合わせが終わって、お弁当をもって一緒に出かけてきました。



風に揺れる藤の花を見ながら、ゆっくりといろんな話ができました。
実は、その方は流産で辛い思いをされていたので、気持ちが晴れるかなと思い、声をかけたのでした。




牡丹芍薬園のところの高い木に巻き付いた藤もいっぱい花をつけていました。
お行儀よく咲いている藤棚のに比べて何とのびやかに咲いていることでしょう。
(写真では藤の花がよくわからないかもしれませんが)



お濠端のツツジを見ながら美味しいパン屋さんに寄ったあと大濠公園駅へ。

お昼休みを使っての1時間半ツアーでしたが、目もお腹も心も大満足。
その方も「楽しかった~ 前向きに頑張ろうっていう気になりました」と、喜んでくれました。

生かされている「いま、ここ」を楽しむことって大切だなと思います。

サンシャインの生徒さんにも、二度の流産を乗り越えて、日々成長中の新しい命を宿された方がいらっしゃいます。妊活カウンセリングの時に二度も流産されて辛い思いをされていたことを知った時、返す言葉がなくて沈黙になってしまいました。今度の赤ちゃんは無事に育ってくれることを祈りながら、サンシャインに戻りました。








  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 19:00Comments(0)妊活カウンセリング健康づくり

2014年04月18日

健康をつくる生活習慣 その3 早寝早起き

2ヵ月前、顔の湿疹のため漢方のクリニックを受診したとき、
「何時に寝ているの?」と、訊かれました。

当時は、だいたい12時半くらいに寝ていました。

「細胞が修復されるのは、夜の10時から夜中の2時まで。
その時間に寝ないでどうしますか!?」
と言われました。

はじめは、10時に寝るなんてとても無理、と思っていましたが、
夜、仕事はおいてでもできるだけ早く帰って、早く寝るように心がけて
10時半から11時くらいには寝るようにしました。

それまでは、入浴は夜と、長年の習慣になっていましたが、
遅くなったときは、入浴は朝に回すことにしました。
6時には起きて、太陽礼拝のポーズやラジオ体操をしたり入浴・洗髪をしたり・・・
考えてみれば、夜中にたくさんの汗をかくので、朝風呂は合理的なのかもしれません。
それにとても気持ちいい!です。

飲み物を飲みながら、出勤までに書き物をしたり本を読んだり、とそんな余裕も出てきました。

夜10時から夜中の2時までのゴールデンタイムはしっかり寝て、早起きをする。
「早起きは三文の徳」と言われますが、それ以上の徳(得)があるかもしれません。
これからも、早寝早起きを習慣にしていきたいと思います。



(日本たんぽぽと西洋たんぽぽが同居。 福岡市舞鶴公園にて)



  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 19:44Comments(0)健康づくり

2014年04月13日

健康をつくる生活習慣 その2 電車で立つ

私が階段を普通に上り下りできるようになったのには、生活の中でなるべく歩く、立つ、
という習慣の積み重ねもあると思います。

私が健康づくりに取り組むうえで参考にしている本の一つが、
『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』。



その中に、「電車で立っていると、よいことがたくさんある」という項目があります。

床が揺れて不安定な状態の電車の中で立っていることは、関節を安定させる腰椎や股関節周辺の筋肉を強化できる。
これらの筋肉を強化すると、関節が安定してきて正しい動作ができるようになり、怪我や転倒を防ぐ体の動きが可能になる。


ここを読むまでは、地下鉄で通勤するとき、いつも空席を見つけては座っていました。

まず一駅から挑戦してみては、という本のアドバイス通りやっているうちに、
通勤にかかる10分間は余裕で立っていられるようになりました。

大きく揺れた時につかまることができる位置に立って、本を読む。
それが私の地下鉄での過ごし方になりました。

座ってスマホを見て・・・
という昨年までと、ずいぶん変われば変わるものです。
10分立っているだけで筋肉が育つなんて、想像しただけで嬉しくなります。

ブログを読んでくださったあなたも、何か体に良いことを生活の中に取り入れてみませんか?

  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 14:45Comments(0)健康づくり

2014年04月11日

健康をつくる生活習慣 その1 階段を使う 

「生活習慣病」という言葉は、聖路加国際メディカルセンターの日野原重明先生が命名されたそうですが、
生活習慣の良し悪しで病気もつくられるし、健康もつくられます。

私は、サンシャインでヨガとカウンセリングを通した心身の健康づくりを提供していますが、
自分自身がもっと健康になることで、もっと良いサービスを提供できるようになるとの思いで日々、あれこれ取り組んでいます。

少し生活習慣を変えていくことで健康を実感できた体験を数回にわたってご紹介していきたいと思います。

まず1回目のきょうは、階段を使うこと。

階段を使うのは、平坦なところを歩くのの何倍も体に良いとは聞くものの、
右ひざが弱い私は、地下鉄を利用するときはいつもエレベーターを使っていました。

それが今週はじめから、ふと「階段を使ってみよう」という気になって階段を上ってみました。
しかも普通の人がするように足を交互に踏み出してみたのです。
何とかできました!
右ひざに力をかけても大丈夫。
いつの間にかこんなに力がついたのだと嬉しくなりました。

これまで階段を上り下りするときは、右ひざに力をかけることができないため、
交互に足を踏み出すことができなかったのです。
だから人の倍も時間がかかっていました。

一昨日は、合わせて100段くらいを祇園駅の出口まで階段で上ってみました。
一段一段踏みしめながら・・・

普通に階段を上り下りするのは、右ひざの半月板を傷めた25歳の時以来のこと。
なんと38年ぶりの快挙!です。

日々のヨガや週1回の加圧トレーニングのおかげでしょう。
筋肉は何歳になっても鍛えるとつく、と言われます。

いまは、階段を使うことが楽しみになってきました。
これからは、できるだけ階段を使ってもっともっと筋肉を鍛えていきたいと思います。
ブログを読んでくださったあなたも、手軽にできる健康づくり、「階段の上り下り」にチャレンジしてみませんか?

階段の上り下りは、段差のないところを歩くよりも太ももの前側の筋肉である大腿四頭筋を使うため、
基礎代謝の向上にもつながり、ダイエット効果もあるそう。
健康効果について詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

http://slism.jp/communication/kaidan-11kcal.html

  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 20:35Comments(0)健康づくり

2013年06月19日

5時間の講演

あるお役所の講演を依頼され、昨日、無事お役目を果たすことができました。

今回いただいたお題は、「パワハラ」。
「職場内での力による嫌がらせ」の防止に貢献するための講演です。

新しい本を読むところから始まって資料を作るところまで
講演の準備に相当な時間を要してしまいました。




やっと資料の目途がついたとき、ふと講演時間が5時間ということに気づき、
「5時間もずっと立っていられるのだろうか」と気になりだしました。

20代で右膝を傷めてからというもの長く立つことが厳しくなった私です。

でも、引き受けたからにはやるしかない、
何とかなるだろう、という思いで臨みました。

講演の途中、まだまだ2時間しか経っていない、
あと3時間も大丈夫だろうか、と思ったりもしましたが、
何とか5時間の任を終えることができました!

『足が棒になる』と言いますが、本当に言葉のままでした。

サンシャインに戻って、生徒さんたちと一緒にヨガをしましたが、
このときほど「ヨガができて良かった~」と思ったことはありません。

30年前、復職したころは、30分立っているのがやっとだったことを思うと、
5時間も立っていられたことは「有難い」の一言です。

これからも地域社会に貢献できる存在であるために、
もっと体を “創って” いきたいと思っています。  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 20:02Comments(0)日記講演健康づくり