スポンサーサイト

  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by スポンサー広告 at

2012年04月12日

飢餓状態 が必要かも

昨年の冬に玄関に飾っていたシクラメンの鉢花。

ベランダに置いて1年間水を遣っていたら
いま、ちょうど花盛りに。

玄関に置くほどではないので、
ベランダに置いて瞑想室から
見ていただいています。




「シクラメンを咲かせるって難しいですよね」
「よくこんなに咲きましたね。よほど大事に
してこられたのでしょう」
という声をいただきました。

しかし、実際は、夏の照る日も雪の日も
ベランダに置いたまま。
肥料も遣らず、ただ水だけ。
ほとんどほったらかし状態でした。

ヨガ教室の生徒さんたちと一緒に花を見ながら
「手をかけなかったからかえって
逞しく育ったのでしょう。
子育ても同じかもしれないですね」
という話で盛り上がりました。

ある生徒さんは、
「先生の愛情が伝わったんじゃないですか」とも。

そう言われれば、いつもではなくとも
水をかけながら語りかけてきたような気がします。


最近、「飢餓状態になると長寿遺伝子がスイッチオン
されて若返ったり長生きしたりする」ということが言われて
いますが、植物にも子育てにおいても飢餓状態がある程度
必要なのかもしれません。

もちろん、ケースバイケースでしょうし、
子育てにおいては愛情をもって見守ることが
大前提ですが。











  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 18:46Comments(0)子そだて

2012年04月08日

蜷川実花「舐めるように可愛がっている」

天神・イムズのアルティアムで開催されている
「蜷川実花・蜷川宏子二人展」に足を踏み入れると、
鮮やかな夢の世界に入ったような気分になります。





蜷川実花さんといえば、数年前、
自分の子育てについて語られていたのが
とても印象的でした。

生まれて数ヵ月の頃から海外出張にも
連れて行っているけど、この子は絶対
ぐれたりしないという自信があります。
だって舐めるように可愛がっていますから


そこまで言い切れる実花さんと
お子さんにいつか会ってみたいものです。  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 20:15Comments(0)子そだておでかけ

2012年03月08日

胎児期の記憶が蘇って

赤ちゃんが来てくれることを心待ちにされているメグちゃん
からのコメントにこんな文面がありました。

本当に、赤ちゃんがどこかで見てくれている気がします。

『泣いたり笑ったり、素直じゃない態度をとってしまったり…。
未熟なママだけど、パパや色んな人の優しさに助けられながら、
幸せに暮らせています。いつか会いにきてねヾ(^-^)』
って赤ちゃんに伝えたいです。


昨日の子育てカフェでは、そんな赤ちゃんの存在を
リアルに感じられたケイコさんが
体験を語ってくれました。




ケイコさんは、自己開発ヒーリングの中で
女の子の魂が近くに来ていることを感じられたのですが、
6年後に妊娠したとき、あの時の子だ、
とわかったのだそうです。

その子もいま2歳。
お母さんに抱っこされて安心しきっています。



ケイコさん自身の胎児期の記憶が蘇って
愛されていたことを確認できたことにより
心の余裕ができ、愛情を注いで子育て
できるようになったそう。

胎児期の記憶を想起できたことが
今の生活に良い結果をもたらしていることに
参加者の皆さんも共感されたようです。

ケイコさんは、こんな感想を寄せてくれました。

icon134 久しぶりに先生にお会いできてうれしかったです。
胎内の良い記憶を再度確認でき、また今日から日々の子育てに活かし、
私なりに愛情をかけて精一杯育てています。
また遊びに来ますね。ありがとうございました。


参加者のT・Hさんにもきいてみました。                            

icon188 今回また素晴らしいお話を聞かせていただき、
これから産まれてくるわが子が、また一段と愛おしく思いました。
会えるのがたまらなく楽しみです。 


A・Kさんは?

icon123 すごく素直な意見、どちらかというと、
あまり他では話して頂けないような事を聞くことができ、
自分も、今を見つめ直すことができた気がします。
ありがとうございました。


M・Tさんは?

icon187 ヒーリングで実際に胎児期の記憶がよみがえる経験をされた方のお話しを聞くことができ、とても興味深かったです。
胎内の記憶が、現在の自分が抱える悩みや不安を解消する力を
持っているなんて、驚きでした。


icon189 人生の土台、と言える胎児期をこれからの子どもたちが
愛情を感じて過ごしていけるよう、
こうした事実をもっと伝えていかないといけない
と感じた子育てカフェでした。





  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 23:19Comments(0)子そだて

2012年02月26日

バルーンワークショップの参加者募集

子どもの頃、バルーン(細長い風船)で遊んだことがありますか?
曲げたりねじったりして形を作って・・・

バルーンで遊びながら親子のコミュニケーションを
深めることができます。

子ども心に返って無心に遊ぶのもいいかもしれません。

ボランティアにも役立つバルーンツイストの
基本を学ぶことができるワークショップです。

講師は、『ファンタジーバルーン』『風船で遊ぼう!楽しい動物園』
『バルーンアート』など初心者けの風船の著書が多数ある
高田佳子先生。日本笑いヨガ協会代表でもあります。
           http://takadayoshiko.info


日時:  2012年3月10日(土)10:00~12:00
場所:  福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
      博多リバレインオフィス10F
参加費: 無料(教材費500円 親子で1セット)
      ※バルーン用のポンプがあればご持参ください。


定員 30名(先着順 残席10名)

主催 21世紀子どもネットワーク

申込みは 21世紀子どもネットワーク事務局まで
       TEL&FAX 092-404-1447

お子さんとご一緒に参加されませんか?
お待ちしています!


  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 16:25Comments(0)子そだて

2012年02月09日

『タッチ』の秘密は胎内に

一昨日の子育てカフェに参加された
サヨコさんからメールが届きました。

一昨日の子育てカフェはとても楽しませていただきました。
ありがとうございました。
後半からの参加となりましたが、
和気あいあいとしたアットホームな雰囲気の中で
楽しくおしゃべりをし、元気をいただいて帰りました。

ハルカもみんなから遊んでもらえて、
本当に楽しかったようです。




最近は行く先々で色んな人と『タッチ』をしたいと言います。
一昨日はサンシャインへ行く時から帰るまでに
何人の方と『タッチ』したことか ・・・

手を振ってくださった新幹線の駅員さん、
新幹線の中で仲良くなったお姉さん、
そしてサンシャインでも大好きな眞知子先生を最後に4~5人の方と。

懐かしく思い出したことがあります。
お腹の中にいた時に皆からお腹をさすっていただくと、
お腹の中でとても喜んでいたことです。
嬉しさのあまり、私が涙ぐむこともありました。

それと対話をしてきたことで安心し、
自分を好きになって人を好きになり、
今の『タッチ』という行動に繋がっているんじゃないかなと思います。

お腹の中で感じていた嬉しい事、
悲しい事、色んな事が影響して人格が形成されることを
もっと広めていけたら良いですね。

今度はヨガを満喫しにまた行きまーす!



積極的に人との関わりを求めていく
ハルちゃんを見ていると、
本当に人が好きなんだなあと思います。

お母さんが、おなかの中にいるときから
ずっと対話を続けてこられた結果が
いまのハルちゃんです。

私も、胎内から愛情を注いで育てていくことの
大切さをもっともっと発信していきたい
という思いを強くしています。


次回の子育てカフェは、
3月7日(水)14:00 からです。
近々ご案内しますので、乞うご期待!








  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 20:20Comments(0)子そだて