心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by at

2013年12月12日

円ブリオ基金

円ブリオ基金ってご存知でしょうか。

思いがけない妊娠で産む準備が物心ともに整っていない方に対して、相談に乗ってあげたり出産費用を用立ててあげたりしてサポートする全国規模のNPO法人「生命尊重センター」が運営している基金です。

サンシャインの受付にも開設以来、基金箱を置いて皆さんに募金していただいていますが、
このたび、そのNPOの機関誌『生命尊重ニュース』にサンシャインの基金箱の紹介記事が掲載されることになりました。

昨日、円ブリオ基金との出会いを文章にしましたので、読んでみてくださいね。

 悩みを抱えた方たちの胎内セラピーに取り組んでいる私は6年前、福岡市ボランティアセンターのお便りで「胎児の命を救う活動をしている」団体があることを知り電話すると、すぐに「博多いのちを大切にする会」の川藤さんが、『生命尊重ニュース』や円ブリオ基金の資料を取り揃えて訪ねてきてくださいました。

 「お腹の中の胎児は人間です。かけがえのない個性と使命をもつ胎児を一人でも多く救いたい」との願いは、セラピー中に痛感することそのものと、いたく共鳴しました。
 その時からのご縁で、円ブリオ基金箱を私の仕事場である「サンシャイン」の受付に置かせていただき、興味を持たれた方に円ブリオ基金のことを話題にしています。

 ヨガの御月謝のお釣りを入れてくださる方、カウンセリングに来るたびに財布から小銭を入れてくださる方、基金箱を家に置いて一杯にして持ってきてくださる方・・・ いま、生かされている喜びを一人でも多くの赤ちゃんにも味わってほしいと、募金してくださっています。川藤さんがいつも持ってきてくださる可愛い基金箱に、これからもたくさんの愛を詰めてお届けしていきたいと思います。                                           
                                                 (サンシャイン  村上眞知子)






わずか1円でおなかの赤ちゃんの命を救うことに繋がります。

サンシャインにいらっしゃったらお財布の中の1円玉をこの可愛い基金箱に入れてくださいね。
よろしくお願いします!
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 22:16Comments(0)子どもは宝

2013年03月02日

北の国からお客さま

きのう、北海道・網走で養蜂業を営まれている
タカコさんファミリーが、訪ねてきてくれました。




昨年5月に網走に訪ねたときは、まだ
抱っこされてばかりだったヒナタちゃんも、
お姉ちゃんに負けじとよく動き回っていました。




3歳になったクルミちゃんは、
お父さんの掌の上でも堂々としたもの。



お父さんと子どもたちの信頼関係が
あってこそですね~
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 17:54Comments(0)子どもは宝

2013年01月27日

子どもは雪の子

きょうも雪がちらつき、寒いですね~

先日のニュースで「オホーツク沿岸に流氷が漂着した」
と報道していたので、昨春訪れた網走を懐かしく思っていました。

網走に住まれている貴子さんのご紹介で
カウンセリングにおいでになる方があったので
メールをしたら、流氷の写真を送ってきてくれました。





流氷を見る観光船に初めて乗り、
ダイナミックな自然に感動したそう。
見渡す限りの流氷、すごいでしょうね。

そして、雪の中で遊ぶ
くるみちゃんとひなたちゃん。


やっぱり子どもは雪の子ですね~
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 18:17Comments(0)子どもは宝

2012年10月30日

赤ちゃんがやってきた

1年前、私と熊本の兄とでセッティングをしたカップルに、
10月初め赤ちゃんが誕生しました。




45歳のパパと39歳のママのところに
やってきた赤ちゃんは由衣ちゃん。

お二人が出会う前、
男性は、もう結婚はできないものと、諦めていたそう。

だから、結婚式の時、兄と私は、男性のご両親はじめ
親戚のみなさんから感謝されました。

赤ちゃんが宿った、と知らせがあったときは、
ホッとしたものです。

そして、この写真とともに無事、出産!
のメールが届いたときは、
赤ちゃんが来てくれて本当に良かった!
と思いました。

パパになった男性は、赤ちゃんが可愛くてたまらない様子。
どんな顔をしてあやされているのだろうと
想像するだけで楽しくなります。

11月4日(日)の婚活ツアー
特にアラフォーの方たちにとって良い出会いのチャンスになり、
由衣ちゃんのパパとママのように
幸せになっていただきたいなと願っています。




  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 21:23Comments(0)子どもは宝

2012年10月03日

70億人目の赤ちゃん

昼休みを利用して天神のデパートに
出産祝いの品を購入に行きました。

先客がいらっしゃったのですが、
私が急いでいるのを察して
先にどうぞ、と譲ってくださいました。

ラッピングをしていただいている間、
その方と束の間の会話に。

膝に抱っこされていた赤ちゃんは、
10月31日で満1歳になるそう。




世界の人口が70億人になったというニュースは
記憶に新しいですが、なんと
この赤ちゃんは、その70億人目!

国連から「70億人目の赤ちゃんの1人」と証明する認定証を
もらわれたそうですよ。

70億人目の赤ちゃんに出会えるなんて
ラッキー!

短い時間でしたが、お母さんから「ご縁ですね」と
言っていただき、楽しい時間になりました。

「真歩」ちゃんというステキな名前の赤ちゃんが
幸せな人生を歩んでいかれますように!

私たち大人も、子どもたちが幸せに歩んでいけるような
世の中にしていかないといけないですね。


  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 22:40Comments(0)子どもは宝

2012年02月06日

看板娘、3歳に

オーストラリアに住む姪の長女Mikiちゃんが
3歳の誕生日を迎えました。

送ってあげたタオル製のバッグを
ちゃあんと掛けて記念撮影。






Mikiちゃんは、このブログの看板娘。

ハッピーバースデイ ツー Miki!




これからも看板娘として活躍してね。  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 23:06Comments(2)子どもは宝

2012年01月25日

マチコせんせいの顔

産後ヨガに通われているサヨコさんから
ハルカちゃんが「マチコせんせい・・・」と言って
描いたと、メールが届きました。




眉と鼻も描いた、と言ったそう。

まだ2歳5ヵ月なのに、こんな絵が
描けるなんて驚きました。

観察力も描画力も、とても
そんな年齢とは思えないほど。

しかも目の前にいない人を
描くなんて・・・

「ことばの教室」にいたころ、
グッドイナフ人物画知能検査というのを
発達状態を把握するために使っていた
ので、調べてみました。
長いですが、興味がある方は、
読んでみてください。

ハルカちゃんが、私のことを
思い浮かべながら描いてくれた絵。

微笑んでいるように見えるのですが、
ハルカちゃんには、どう映っているのでしょうか。

大切にとっておきたいと思います。



グッドイナフ人物画知能検査

幼児の描画行動は「掻画期(殴り書き期, 1歳半~3歳頃)→象徴画期(図式画期, 3歳頃~7歳頃)→写実期(8~9歳頃)」の発達過程を経て、次第に写実的な表現力のある絵画を描く描画能力を身に付けていく。
1歳半~2歳半頃の「掻画期(そうがき)」には、特定の対象やテーマを意識した絵画が描かれることはなく、
ただ単純でリズミカルな手の動きによってクレヨンやペンでめちゃくちゃな絵が描かれる。
描画する範囲も定まっていないので、画用紙やノートからはみ出して落書きのような図形を描くこともあるが、
2歳半を過ぎてくると落書きの中にある種の規則性や遊びのようなものが見えてくる。
画用紙の上でラインをカーブさせてみたり、直線を何本か並べてみたり、
円を一生懸命に描こうとしたりし始めるのである。

「特定の対象」を上手く描けずにむちゃくちゃな直線や図形を描いている「掻画期」の段階を過ぎると、
「描きたいと思う対象・現実」を漠然と意識し始め、「象徴的な絵画」を描く「象徴画期(図式画期)」へと入っていく。
3~7歳頃に該当する「象徴画期」は、3~5歳頃の「誤った写実期」と5~7歳頃の「知的な写実期」に
大きく二分することが出来る。
「誤った写実期(3~5歳)」というのは、描く絵画に「幼児の空想的な現実性」や「幼児の幻想的な人物像」が
投影される段階であり、頭部が異常に大きく描かれたり顔色が赤色や緑色で塗られたり、
頭・胴体・手・足の位置関係がバラバラで適当だったりする。
「知的な写実期(5~7歳)」というのは、言語的(知的)に理解する現実世界や人間像を
「写実的な絵画」として再現しようとする時期であり、頭・胴体・手足の位置関係をしっかりと認識しながら
簡単な人物画を描けるようになってくる。




  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 22:09Comments(0)子どもは宝

2012年01月23日

大雪原のクルミちゃん

北海道、網走のタカコさんから
メールが届きました。

数日後に、サクラ蜜の採取準備のため
本州に移動するそう。

残りわずかな雪遊びを楽しんでいる、と
くるみちゃんの写真が
添付されていました。





見渡す限りの大雪原。

北海道ならではの雪遊びですよね。

もうすぐ2歳のクルミちゃんには
どんなに映っているのでしょうね?  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 22:11Comments(0)子どもは宝

2011年12月26日

子どもの便秘

今朝のNHKラジオニュースで
「子どもの4割が毎日排便していない」
と、報道していました。

快食・快眠・快便は、健康である証拠なのですが、
4割もの子どもが毎朝、お通じがないとは驚きです。

そのニュースの中で
「3日に1回出れば便秘とは言えない」
といったコメントがあっていましたが、
3日も出ないなんて、立派な便秘!

そんなに多くの子どもが便秘を抱えているなんて ・ ・ ・

生活習慣や食生活など
いろいろな面で自然な生活をしていない
からなのではないでしょうか?

自然な生活をしていると、
朝になるとこんなにと思うくらいお通じがあります。

夜型の生活をやめて
朝余裕を持って起きて
腹式呼吸をして
新鮮なフルーツを食べれば
スルスル~っと快便!

子どもたちにも教えてあげたいです。

毎朝お通じがあると一日気持ちいいよ、と。

 





  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 22:49Comments(0)子どもは宝

2011年11月24日

赤ちゃんとお話し

出産祝いを送ってあげたタカコさんから
赤ちゃんとお姉ちゃんの写真が届きました。





二人で何を話しているのでしょうね。

仲の良い姉妹に育っていかれますように!  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 22:28Comments(0)子どもは宝

2011年11月17日

道産子誕生!

北海道・網走に住むタカコさんから
生後1ヵ月になる赤ちゃんの写真が届きました。

おめでとうございます!




かわいいですねえ。

お父さんかお母さんを見て
微笑んでいるのでしょうね。

はじめまして、ひなたちゃん。

以前、ブログでご紹介したくるみちゃんの妹です。

ひなたちゃんは、北海道で生まれた生粋の道産子。

既に雪が降っているという北国で
逞しく育ってほしいものです。

タカコさん、寒さ厳しい中での子育ては
大変でしょうが、ご無理されませんように。

福岡でまた会える日を楽しみにしています。  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 21:52Comments(0)子どもは宝

2011年11月15日

オーストラリアでも七五三

きょうは、青空の下で七五三のお宮参りを
されたご家族も多かったのではないでしょうか。

オーストラリア・ブリスベンに住む姪からも
2歳9ヵ月になるミキちゃんの
七五三の写真が届きました。





ブリスベンの最近の気温は30度くらいだそう。

そんな中で、何枚も重ねたうえに紐でぐるぐる巻かれる着物に、
タコ顔になった写真も添えてありました。

日本とオーストラリア、両方の文化や伝統を
子どもたちに体験してほしいと願う姪。

来年は、できたら熊本の健軍神社で
七五三ができたらいいなぁ~と思っているそう。

熊本での七五三が実現しますように!

日本からミキちゃんとお兄ちゃんの
健やかな成長を祈っています。
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 22:18Comments(0)子どもは宝

2011年10月20日

友ちゃん、1歳!

産後ヨガに時々来られているタカタカさんから
友ちゃんの写真が届きました。




ちょうど1歳になったばかり。
おめでとうございます!

最近の友ちゃんは、よちよち歩きを楽しんでいるそう。
世界がぐ~んと広がってきているのでしょうね。

友ちゃん、サンシャインで待っていますよ。
一緒にいっぱい歩こうね。
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 22:10Comments(0)子どもは宝

2011年10月18日

道産子

北海道・網走の地で育っているくるみちゃん
写真が届きました。





1歳8ヵ月くらい。
何だか逞しいですね。
さすが道産子。

くるみちゃんのパパは、養蜂家。
知床のネイチャーガイドをしている頃に出会ったママは、
福岡から遠く離れた北海道の地へ。

抗生物質を使わずに育てた自然児のミツバチが
集めた蜜は自然いっぱいの味がします。

今年、採取されたハチミツが届きました。





今回、原生林の蜜を集めた「森の蜂蜜」が初登場。
他の蜜より深い味がします。
1こ850円。とてもお得な値段です。
ご希望の方はサンシャインまでご連絡くださいね。

ホットニュースですが、くるみちゃんは、
たぶん今週中にお姉ちゃんになる予定です。

可愛い妹さんのお誕生を楽しみに待っていま~す。
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 22:42Comments(0)子どもは宝

2011年08月11日

道産子のくるみちゃん

ブログのカテゴリーに「子どもは宝」を追加しました。

小さな心と体でどう感じているのだろうと、
子どもを見ていると思うことがよくあります。

子どもが主人公のストーリーを綴っていきます。

icon01
北海道網走に住むタカコさんから長女くるみちゃんの
写真入りのメールが届きました。




こちらも連日、夏らしい暑い日が続いています。

先日、地域のお祭りがあり、
稚児行列に参加しました。
くるみは一番年少の一歳半でしたが、
一生懸命、綱に掴って大きい子に混じって
歩いていました。
途中、何度も転び引きずられても・・・
立ち上がって泣かずに。
ちょっと感動しました。

icon01
親ならずとも、その場面を想像すると、
子どもの力に感動しますよね。

北海道で育つくるみちゃんは
さすが道産子、逞しい!

10月には、くるみちゃんもお姉ちゃんになるそう。
どんなお姉ちゃんぶりを見せるのでしょうか。
楽しみです。


  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 12:02Comments(0)子どもは宝