心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by at

2016年12月14日

「キャリアコンサルタント」として

12月も、早やくも半ば。
時がどんどん過ぎていきます。
写真の編集もやっとできるようになり、これからはブログもできるだけ更新していきたいと思います。
何から書いていこうかと思いましたが、まずは、カウンセリングの話題からです。

「キャリアコンサルタント」という資格が今年4月から国家資格になりました。

私は、10年ほど前の暑い日、人生最後の試験という思いで
日本産業カウンセラー協会が管轄する「キャリア・コンサルタント」の資格試験にチャレンジ。
無事、合格することができました。

国家資格になったため、9月にやっと手続きをして登録証をいただきました。
それと一緒に「キャリアコンサルタント」が守っていくべき倫理綱領も同封されていました。



その中に、次のような文言があります。
国家資格保有者として、「個人の人生設計に関わること」の責任と重要性を従前にも増して自覚し、
一層高い倫理観を持って活動することが求められます。

キャリアカウンセリングが「個人の人生設計に関わる」ことの重みを強く感じる事例がありました。
今の会社を辞めて新しく出直したいという方からカウンセリングの依頼があったのです。

いままでどんな仕事をしてきたのか?
自分の好きなことや得意なことは何か?

といったテーマでカウンセリングを進めていく中で、
「リンパドレナージュのセラピスト」という答えが出てきました。

カウンセリング後、早速、セラピスト養成校から資料を取り寄せ、
実際に体験に行って、入校し・・・
短期間で資格も取得し、現場研修も修了して、この秋にはサロンを開業。

彼女の行動力には目を見張りましたが、好きなことだと打ち込めるのでしょね。

会社員から自営業への道は平坦ではないと思いますが、
10年後、20年後も「あの時に決断して良かった」
と思えるようだといいなと祈るような思いです。

これからも心の中で応援していきたいと思います。







  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 19:34Comments(0)カウンセリング

2014年08月13日

笑いヨガは生きていく上での智恵

熊本から月に1回、カウンセリングに来られているスズランさんが、自分の変化を語りながら「笑いヨガのおかげなんです」と。

生の声をお伝えしたくて、書いてきていただきましたので、ご紹介します。




『笑いヨガ』を体験して

特に興味もなく、体験するつもりもなかったのですが、「笑えません!」と伝えつつも、たまたま参加することになり、その時は「何でわざわざ笑うの? はずかしい」という気持ちでした。
ですが、その夜「あれ? 何か楽しい!?」と、いつもと違う感覚になり「笑ってみたい!」と、時間差で反応がきました。
それから、自宅でも意識して笑うように心がけると、家族まで笑顔が増え、気持ちも楽になり、家族といる時間が楽しくなって、空気が変わった感じでした。

それから、10 か月の間で5 回程参加させて頂いていますが「そう言えば、最近、怒ってないな」ということに気が付きました。
つい最近、家族が湯のみいっぱいのお茶をテーブルにひっくり返した時も、「あらら、こぼれたならふかなくちゃ」って感じで、ふくのも楽しく感じたのを思い出しました。
以前の私なら、すぐ腹を立て、文句まで言っていたのに不思議です。

何の効果も期待していなかった『笑いヨガ』でしたが、振り返ってみると、蚊取り線香で蚊が落ちるくらいの効き目に、驚きました。
何か面白いから笑うもんだと思っていましたが、笑うから楽しくなるという事実を体感し、これは生きていく上での智恵だなあと思いました。


生きづらさを感じている人たちのカウンセリングの中にもっと『笑いヨガ』を取り入れて、笑うから楽しくなって、生きやすくなることを体感していただけるようサポートしていきたいと思っています。



  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 17:36Comments(0)カウンセリング笑いヨガ

2014年07月06日

笑いヨガって蚊取り線香みたい

笑いヨガ協会代表の高田佳子さんが、最近出版された『笑いヨガで超健康になる』。




笑いヨガで超健康になった事例がたくさん紹介されていて、すぐにでも笑いヨガがしたくなるような本&DVDです。

そういえば、カウンセリングの中で「笑いヨガって蚊取り線香みたいに効きますよ」と話した方がいました。
蚊取り線香のように、効果がはっきりしているのだそうです。
その話の概略をご紹介します。

初めて笑いヨガをしたときは、緊張してどう動いていいかわからなかった。
でも、家に帰ってから、笑いヨガを思い出して笑っている自分がいた。
両親にも「笑ってみて」と言って、一緒に笑う自分がいた。

いまでは、両親にも「あら~ すごいね~」など、自然とほめている。
以前は、怖くて言いたいことも言えなかったり、憎しみを感じたりしていたのに、いまは一緒に笑っている。

家の中が本当に明るくなりました。
笑いヨガのおかげです。
笑いヨガって蚊取り線香みたいにすぐ効きますね。


この方が博多笑いヨガクラブで初めて笑いヨガを体験されたのは、昨年の10月。
それ以降、月に1回一緒に笑っていらっしゃいます。

一緒に笑ってみたい方は、博多笑いヨガクラブの「笑いヨガ教室」にぜひご参加ください。












  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 17:49Comments(0)カウンセリング笑いヨガ

2014年04月09日

ヨガとカウンセリングに通われていたKさんの旅立ち

春は、旅立ちの季節。
3年前にヨガとカウンセリングに通われていたKさんから
「岡山に転勤になったので、ご挨拶に行きたいんですけど」と電話がありました。

Kさんは、転職されたばかりで広島から福岡へ。
新しい仕事でもプライベートでも一番大変だった時期にヨガとカウンセリングを求めてサンシャインに駆け込んでこられたのです。

ずっと泣きながらのカウンセリングになったり、泣きながらヨガをしたり・・・

そんな日々を思い出しながら、小一時間お話をしました。

いまは、岡山の店舗を任せられるほどに頑張っておられて、長期出張から晴れて転勤になったのだそう。

Kさんは、3年後の夢を語ってくれました。
福岡に戻ってきて、心身の健康づくりで貢献できる仕事を始めたい」と。

そのベースには、ご自身の体験が。
会社で風邪が流行っていても自分だけは元気だった。
それは、ヨガをしていたからだと思う。
会社の仕事と並行して健康づくりに活かせる勉強もしていきたい。


福岡が第二の故郷だと言われるKさん、岡山で頑張ってくださいね。
岡山のお土産、サンシャインの皆さんと一緒にいただきます!



  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 10:10Comments(0)カウンセリング

2014年03月15日

プロフィールがきっかけでカウンセリングに

先日、5年生の女の子とお父さんがカウンセリングにいらっしゃいました。
女の子の発音が気になる、ということで。

女の子とお話しをしたり、絵本を読んでもらったりして発音の状況を把握しました。
お話しは聞き取れますが、少し歪んでいる音があります。
お友だちや先生からはおかしいと言われたことはないそうですが、お母さんに「何て言ったの?」とよく聞き返されるそう。
「キリギリス」が言いにくいなどの自覚もありました。

そこで福岡市の発達教育センターで教育相談(ことばの相談)を受けられるよう勧めました。
以前勤務していたことばの教室の後輩と発達相談センターにも連絡がとれて打合せ済みなので、安心してご案内できました。

今回、なぜ女の子のお父さんがサンシャインに相談にいらっしゃったかというと、交流会で渡した名刺のプロフィールにある「ことばの教室勤務」を見て、「実は・・・」とお話ししてこられたのです。




プロフィールを書いておくことで役に立つということを実感した出来事でした。  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 18:03Comments(0)カウンセリング

2013年12月11日

ヨガだけでなくカウンセリングも

9月に開催した子育て応援セミナーがご縁でサンシャインに通われるようになったC さん。

先日、体験カウンセリングを受けられました。

その時に、「ヨガだけでなくカウンセリングもされていて、2歳の娘も一緒に通えるなんて! わたし、行かなくちゃ!と思ったんですよ」と通い始めた時のことを話してくださいました。

そういえば、ヨガの体験レッスンにおいでになった時、こんなふうに書かれていました。

2歳の娘も一緒でしたが、アレンジしながら体験させて下さってとても楽しかったです。
死人のポーズ・・・普段あお向けになるのとはまた全然違った落ち着いた感覚を味わうことができました。
ちょっと体を動かすだけで汗が出て、血行が良くなっているんだと実感しました。


あの日、他の生徒さんが「前から来られているのかと思った」と言われたくらい2歳のお嬢さんもなじんでいましたね~

早速、産後ヨガに親子で通われています。




こんな笑顔を見ると、こちらまで嬉しくなってしまいます。

これからヨガとカウンセリングで心も体も整えて、いつも素敵な笑顔のCさんになっていただきたいなと思います。


  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 11:10Comments(0)カウンセリング

2013年10月30日

M さんの人生に拍手

またまたすっかりご無沙汰してしまいました。
きょうから、またブログ再スタートです。

私は、いつもは玄米ごはんをいただいていますが、
ここ1週間は、白米をいただいています。

それというのも、先週、久しぶりの方が汗を流して作った貴重なお米を送ってくれたからなのです。




開けた途端、涙してしまいました。
M さんの辛かった日々、そしていま、笑顔で暮らされている日々を思う嬉し涙でした。

まだ小さかったお子さん二人を抱えての離婚、
田舎への転居、という道を選ばれたM さん。

今でも自信はあったりなかったり、迷うこともありますが、
それも人生、私の選んだ道と思いながら、
田舎の人々も昔からの知り合いも多く、楽しく生きています。
看護の道と、農業の道と・・・


こんなお手紙も添えられていました。

お子さんたちもそれぞれ高校生と中学生になり、彼氏彼女もいてエンジョイしているそう。
まっすぐに育ってくれて何よりです。

M さんの人生に拍手を送りながら、きょうもいただきます!








  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 12:37Comments(0)カウンセリング

2013年09月17日

“先生、ありがとう!”

“先生、ありがとう!”

そう書かれたお手紙をヨガ教室の生徒 Yさんからいただきました。

なんでもホームページで(たぶんブログで)私の誕生日のことを知り、
1ヵ月遅れのお祝いメッセージをくれたのです。





先生がいらっしゃらなかったら、わたしはここにこうして笑顔でいられなかったことでしょう。
お仕事のお休みを無理にお願いして、お話を聞いて頂いた日のことは忘れていません。


あれは、8年前のこと。
定休日出勤の日に電話があり、「地下鉄の駅まで来ているので今からカウンセリングをお願いしたいんです」と
切羽詰まった様子だったので、とにかく来ていただきました。

仕事で行き詰ってのご相談でした。

その後、カウンセリングを受けながらヨガも始められました。


最近のYさんは、中堅として頑張っていらっしゃるので、
8年前のことはすっかり忘れていました。

Yさんは、あの日をずっと忘れずにいてくれたのでした。

お手紙にもあるように、Yさんが「一日一日を大切に」生きていかれますように!






  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 22:49Comments(0)カウンセリング

2013年04月05日

「来て良かったです~」

久しぶりに産業カウンセラー協会でのカウンセリングへ。

クライアントは、アラフォーの女性。

夏の日歩いていて、突然、足に力が入らなくなって
気分が悪くなった。
てっきり熱中症だと思って診察を受けたら
「自律神経からでは・・・・」と言われ、心療内科を受診。
精神安定剤を飲むことになったそう。

またああなるのではないかという不安。
このまま薬を飲んでいいのだろうかという不安。

どうしたら楽になられるだろうか、
と考えながらお話を聴いていきました。

カウンセリングを始めて50分。

今までの生き方、ストレスが体に出てきていることに
だんだん気づいてこられました。

「お話を聴いてもらって気持ちが楽になりました。
きょうは、ここに来て本当に良かったです」と。

カウンセリングで心が軽くなったのを実感されて良かったです。

これから、今までの生き方を振り返る作業に
一緒に取り組んでいきます。

不安にさいなまれるよりカウンセリングを受けてみる、
この女性のように、そんな選択がもっともっと広がっていけばいいな
と改めて感じました。



                           <サンシャインガーデンのシクラメンたち>
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 22:27Comments(0)カウンセリング

2013年03月17日

タバコを吸うと背が伸びない?

妊娠を望まれているのにタバコを吸われている女性の
禁煙サポートカウンセリングで、
タバコを吸い始めたきっかけは、20歳の頃、
「背がこれ以上に伸びないようにと思ってだった」と。

背が高いその方は、背が高いことにコンプレックスをもっていて、
子どもの頃、「タバコを吸うと背が伸びない」と聞いたのを
思い出して吸い出したそう。

背が高いのは、低い私からするとうらやましい限りなのに・・・

そういう情報が飛び交っているなんてびっくりした。




きょうは、禁煙サポートビデオも活用してのカウンセリング。

昨夜、“最後の1本”を吸ったのだそう。

きっと“最後の1本”になる! 
そう信じてサポートしていきます。
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 21:21Comments(0)カウンセリング

2013年02月08日

カウンセリングと笑いヨガ

昨日のカウンセリング中のこと。

自分のことが受け入れられず、
暗い表情になって煮詰まっているリンさんに
「笑いヨガをしようか」と言って、
ホッホッ ハハハー 
という掛け声と手拍子をやってみた。





手拍子をしながらリンさんは、
泣き出してしまった。

「ここのところずっと笑うことがなかったから」と。

笑うことって、出来そうで出来ないもの。

そんなリンさんの心も
笑い、泣くことで少しほぐれたよう。

「カウンセリングにおける笑いヨガの効用」
を実感したカウンセリングだった。






  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 14:36Comments(0)カウンセリング

2012年08月05日

離婚から7年、「もう大丈夫」

オリーブさんが1年ぶりにカウンセリングを受けに来られました。

ちょうど7年前の7月。
小学校低学年と年長児のお子さんを抱えて
「離婚」という辛い決断をされ、
実家の近くに転居されました。

看護師のオリーブさんは、新しい職場で
緊張のあまり点滴が入らず、
泣きながら相談に来られたこともありました。

きょうは、もう大丈夫です、と先生に言いに来ました
と、笑顔で。

7年前のことを語りながら涙ぐんでしまわれることは
ありましたが、ずっと笑顔のオリーブさんでした。

あのとき、先生がいてくれたから思い止まれたんです。
4階の部屋から何度下を覗いたことか。
それに子どもたちがいてくれたから…
お母さん、と言われて正気に戻れたのです


そのお子さんたちも共に中学生。
それぞれに学校生活をエンジョイしている様子。
のびのび育っているようで何よりです。

いまは、仕事のかたわら、実家の手伝いをしたり、
近所の方に教えてもらいながら野菜を育てたりの
毎日だそう。

朝採りの野菜をたくさん持ってきてくれました。




オリーブさんのことを思いながらいただきました。
甘くてとっても美味しかったですよ。




  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 19:21Comments(0)カウンセリング

2012年06月28日

禁煙カウンセリング

昨日のブログを読まれた方から
「禁煙カウンセリングってどのようにするのですか?」
と質問がありましたので、
簡単にご説明します。

対象は、禁煙したいけどなかなかやめることができない方。
      (やめたくない人に無理にすることはしていません)

まず、今までの喫煙に対する状況や思いをお尋ねします。

つぎに、禁煙をサポートするビデオを一緒に視聴して
喫煙の恐さや禁煙の具体的な進め方について学習します。

いよいよ禁煙プログラム開始!

この禁煙プログラムは、「喫煙はニコチン中毒」と捉えて
3日間で中毒から脱するようサポートするものです。

今まで禁煙カウンセリングを受けられた方は
全員すぐに禁煙に成功されています。

特にこれから妊娠する可能性のある
若い女性の方にはぜひ禁煙に
取り組んでいただきたいと思います。

禁煙しても3年間はタバコの害が体に残る
と言われますから、少しでも早いほうがいいのです。

禁煙カウンセリングのお問合せは、サンシャイン へ。
      電話 092-404-1447
      (受付時間 10:00~20:00   土~18:00   日~17:00  定休日:月・祝 )    

      Email info@sun10.net





                        サンシャインのベランダの花が今盛りです。  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 20:52Comments(0)カウンセリング

2012年06月15日

答えは自分の中に

「答えは自分の中にある」

その答えを自分で引き出すことを
カウンセリングの中で取り入れています。

先日のカウンセリング後のことを
じゅんさんがご自身のブログに書かれているのを見つけましたので、
ご本人の了解を得て、紹介させていただきます。

             泣ける場所

最近、私には涙スイッチがあるなぁ~と感じることがありました

いきなり、
スイッチが入ったように涙が出てセーブが効かなくなる

何時でも何処でも
という訳ではなく、
決まって同じ内容の話題のときに涙が出ていました

と、同時に2週間前から頭痛がして
ヨガのときに気持ちが悪くなることもあり

なにか、あるんだろうなぁ~

と感じながらも
その原因が分からずにいました

そして・・

昨日のカウンセリングで
その原因が分かりました

泣くことを我慢していた私。

辛いこと、悲しいことをマイナスの感情と捉えて
心の奥に押し込めていた私

本当は泣きたいのに、

辛いって言いたいのに、

本音の私は息を潜めて

「むやみに泣いちゃいけない」

「病気だって同情されたくないから明るく笑ってなきゃ」

理性の私が心の中で本音の私に勝ってしまっていたようです

本当は

未だに癒えていない傷があるのに
その傷から目を背けて、笑って誤魔化していた私

もうやめようと思います。

今回の気づきで自分の心の癖を見つけることが出来ました

「悲しい」

「辛い」

「泣きたい」

自分の心がキューっとなる感情を
マイナスの感情として区別していたこと。

そして、その感情を心の奥に押し込めて
「楽しい」感情に置き換えてきたこと。

本当は
「嬉しい」とか「楽しい」って感情も
「悲しい」、「辛い」、「泣きたい」って感情も
私の心から湧いてくる同じ感情のはず。

だから、
決めました

これからは
心に湧いてきた感情はそのまま素直に感じてみること

自分の感情を尊重すること

そうすれば、
きっと涙スイッチはなくなる気がします

涙スイッチは、
多分私の癒えていない部分

その部分が顔を出したとき、
そのままの感情を受け入れるだけで
きっと癒えていくはずだから

私は、ずっと前から
泣く場所を探していた。

それが分かっただけで
何歩か前に進めた気がします



カウンセリングで「最近、涙スイッチがあるんです」と
語られたじゅんさん。

         「その答えを自分の中に問いかけてみましょう」
         と、語りかけたときからうるうるに。

         自分の中から出てきた答えだからこそ
         じゅんさんは、「何歩か前に進めた」
         と、感じられているのではないかと思います。





                          梅雨に似合うクチナシの花。雨を待っています。
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 10:18Comments(0)カウンセリング

2012年05月20日

カウンセラー冥利


5月16日のブログ、ローズさんの体験手記を読んでくださった方々から
たくさんのコメントをいただき、嬉しく思っています。

じゅんさんからもこんなコメントをいただきました。


icon123 いつも楽しく拝読させていただいています。実は毎回更新を楽しみにしている私。

記事を読んだあとは必ず自分自身を客観視する時間になっています。

ここ数日の記事も、 すごく考えさせられました。
私は恥ずかしいですが、 私自身の辛かったときの記憶が無くなってきています。

今、カウンセラーの勉強を通して 心に寄り添う姿勢が
如何に大事なのかを再確認しているにも関わらず…です。

しかし、 先生の記事を読んで 忘れてしまう記憶だったのかな と思えました。

今の私の心に強く残っている、 共に感じてくださり、
私を信じて受け入れてくださった先生の終始一貫した誠実な姿勢を
私の『あの頃の記憶』として大切に残しておきたい。
そう思いました。



icon189 ブログを読んだ後に自分自身を客観視されているとのこと、
そんな姿勢がきっと辛かった時の記憶が無くなってきていることに
つながっているのではないかと思います。

だから、決して恥ずかしいことではないのです。

じゅんさんの心に『あの頃の記憶』として大切に残しておきたい、と。
カウンセラー冥利に尽きます。





  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 21:20Comments(0)カウンセリング

2012年05月18日

体験記を読んで共感


一昨日のブログ、ローズさんの体験記にまた別の方からコメントが届きました。
お一人の体験がこうして共感を呼び、いやしにつながっていることを嬉しく思います。


icon123久しぶりに、サンシャインのブログを拝見させていただきました。

ローズさんの体験記を読んで、共感する部分がありました。

私も、去年の3月に長年勤めていた保育園での仕事を結婚の為退職し、
式直前の5月に過呼吸の発作が起き、それから過呼吸症候群と闘っています。

ローズさんの 子どもを切望している旦那さんに申し訳ない…、
今まではストレスがかかってもこんなことはなかったのに何で…
と自分を責めたり…。
その気持ちに、私も共感する部分がありました。

私も、過呼吸になり薬を飲んだりしていたので、
赤ちゃんを授かりたくても、薬を飲んでいることで躊躇し前に進めず、
赤ちゃんを欲しがっている主人に申し訳なく思ったり、
結婚前働いていた時は今よりストレスがたまっていたはずなのに、
何であの時は体調を崩さなかったんだと、
どうしてこんなに弱くなったんだろうと自分を責めました。

でも、そんな時に一番そばで、不安定な弱い自分や
嫌になる自分すべてを受けとめてくれた主人、家族、友達、
そして、落ち込むたびに前向きになれる道を照らしてくれた
眞知子先生の存在が、そこにはありました。

どんな自分も自分だと受け入れてあげること、
自分に優しくしてあげ誉めてあげる、
人を許し受け入れること、
改めて気づかせてもらいました。

体験記を読んで、前向きに変わられ進歩しているローズさんが、
とても伝わってきました。

私も、周りへの感謝を忘れず生きていきたいと思います。

ローズさん、お互い自分のペースでゆっくり歩いていきましょうね。


  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 19:53Comments(2)カウンセリング

2012年05月17日

自分を受け入れると楽に


バラがきれいな季節ですね。

昨日のブログ、ローズさんの体験手記を読まれた広島のA子さんからこんなコメントをいただきました。

icon188ローズさんの体験手記読みました。
胸に突き刺すような感じを受けました。

私も結婚する前に同じ体験をし、
また結婚してからも子供が授からず 悩みました。
今でもふと考えこんでしまいます。

本当に本当にふとした瞬間に、自分がいやになる時があるし、
変なことを想像したりもします。

ローズさんの体験記を読んで、
眞知子先生の言葉 「今の自分も自分だと受け入れることも大切なんですよ」
その言葉を聞いて私も安心しました。

ありのままの自分が一番なんだと。
今の自分も自分なんだと。
自分自身を否定するのだけはやめようと、
再度考えさせられました。

ご主人に話をして聞いてもらってよかったですね。
今回、このローズさんの体験記を読んでよかったと思います。


ローズさんも手記の中でこう書かれています。

icon134 どんな自分も自分なんだと思うと、
なんだか心にあったしこりのようなものが少しずつ
なくなって心が楽になりました。


どんな自分も自分なんだと受け入れると
楽になり、そこから変わっていけるのです。

否定せず、素直な気持ちで実践していかれると
この意味がよく分かられると思います。




  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 22:08Comments(0)カウンセリング

2012年05月16日

お客様の声「ヨガに行って良かったね」

ヨガとカウンセリングに通われているローズさん。
最近、笑顔が増えてこられています。

「ご主人が、変わったね、と言われるのでは?」と訊くと、
「あんまり言わないけど、ヨガに行って良かったね、と言ってくれました」と。

ご主人の、そのひとことが、すべてを語っているように思います。

ローズさんが先日書いてこられた体験記は、今、苦しみの渦中にある方に希望を与えるのではないかと思います。ぜひ読んでいただけたらと思い、ご紹介します。


私がサンシャインに通い始めたのは、今年の1月からでした。

去年の6月に結婚をし、今まで通り仕事も続けて家事も仕事も怠ることなく頑張っていました。
結婚してからというもの、何度も風邪を引き、膀胱炎を何度も繰り返し、体調は絶不調でした。
そのたびに、私はなんでこんなに体が弱いのだろう。
赤ちゃんを切望している旦那に申し訳ない、こんな体の弱い私と結婚して
よかったのだろうかと自分を責めていました。
こんなに弱いと旦那に嫌われるのではないだろうか…と。

そんなある日、包丁を見ると怖くなったのです。
殺人のニュースを見るのも怖く、
もし私がこの包丁で、大切な旦那を刺したらどうしようと。
しかも、内容が内容なため、人には言えず、頭がおかしくなったと思い、
私は精神病になったのだろうか…と思い不安になりました。

そのようなことがあり、私は、心療内科に行くか迷いました。
ただ、病院に行ってしまうと、本当に病気になってしまいそうで、
ネットでカウンセリングを行っているサンシャインにたどり着きました。

先生は、優しく話を聞いてくださり、、ボロボロ泣きながら胸の内を開けてみると、
私の症状や状況に似ている人がいることを伺い、少し安心しました。

そして、普通の人もすごくストレスがかかると頭が疲れて
おかしくなるんだと思いました。

今まで生きてきたなかで、すごく嫌でストレスがかかったこともあったのに、
その時はこんな風にならなかったのに…と
悔やんできたことを先生にお話しすると、
今の自分も自分だと受け入れることも大切なんですよ、と諭されました。

今までの私は、こんなに頑張ってるのになんで? 
病気にならないように気をつけているのになんで?
前はならなかったのになんで?
と一人悩み苦しんでいました。

でも、先生のおっしゃるように、自分に優しく、
出来たことを自分で自分にほめてあげる、
そして、どんな自分も自分なんだと思うと、
なんだか心にあったしこりのようなものが少しずつ
なくなって心が楽になりました。

人は、自分のやりたいようにならないとき、
不安や怒り、悲しみにかられます。

もちろん、やりたいようにできるのが一番ですが、
思うようにならない時これも私の人生かと受けいれると不思議と心は軽く、
楽しい1日が送れるようになりました。

少し前までは、やはり包丁が気になっていましたが、
今はふと、気になった時、この包丁が私を救ってくれたんだなと思うと、
怖くなく、感謝しなきゃと思うようになりました。

先日また体調を崩しましたが、疲れてる証拠だ、
からだを休めてというサインなんだと思うと、ちょっと家事をさぼってみたり…。

旦那とも今まで思っていたことを、泣きながら話をし、
私を理解してくれる、味方である人がいることに
幸せを感じられるようになりました。

自分を許し、誉めて、受け入れる。
そして、相手にも許し、優しく、受け入れる。

そうすると、心から幸せだと思える人生を
カウンセリングでみつけることができました。

時間はかかりましたが、先生のおっしゃるしなやかな強さを
少し身につけられた気がします。
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 20:26Comments(9)カウンセリング

2012年04月25日

「わがまま」って悪いこと?

「自信がない」と言われるケイさんのカウンセリングで
自分を見つめる作業を一緒にしているなかで、
ケイさんが、
「わたし、わがままになるかもしれません」と。

そう、日本では、わがままって悪いことの意味で
使われることが多いですよね。

私自身も10年ほど前、自分を見つめる作業をしていた時、
わがままな自分に気がついてこれでいいのだろうか
と壁にぶつかったことがありました。

そのことについて自分の内面と対話をしていたら
こんな答えが返ってきました。

「わがままとは、我のままということ。
自分のありのままでいればいいのですよ」

この答えに私は大いに勇気づけられました。

そうか、ありのままでいいのだ、と。

それ以来、肩の力が抜けたような気がします。

だから、ケイさん、大いにわがままになりましょうね。





                <サンシャイン近くの博多警察署に咲いている牡丹です。>

  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 21:47Comments(0)カウンセリング

2012年04月16日

「包丁のおかげで変われた」

「包丁が怖い」

そう訴えてアッキーさんがカウンセリングに
来られたのは、4ヵ月前のこと。

そのアッキーさんが、先週のカウンセリングで
包丁を見ると怖いと思っていたけど、最近では、
包丁が怖いというところまで追いつめられたから
カウンセリングを受けようと思ってここに来れた、
包丁のおかげで変われた、ありがとう、
という思いになってきたんですよ
」と。

自分の思いをご主人にも同僚や上司にも
言えるようになってこられているアッキーさん。

この言葉を聞いて、こんなにも捉え方が
変わってこられたのだ、と嬉しくなりました。

これから、もっと自分の軸をしっかりと
立てていかれるようサポートしていきたいと
思っています。




       <ヨガ教室の生徒さんにいただいたアレンジフラワー。玄関でお客様を迎えてくれています。>

  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 17:33Comments(0)カウンセリング