心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by at

2016年10月02日

新米先生は子どもたちに育てられた

何と40年ぶりの再会となった昨日のクラス会。
私が新米担任だった福岡市立名島小学校の3年2組、4年2組の子が15名、他クラスの子も2名参加。



懐かしい写真や通知表、学級文集や学級だよりを持ってきている子もいて、当時の話がいろいろ出ました。

すっかり忘れていたのですが、「絶交問題」があって、学級会で5時間も話し合ってやっと解決した、と学級だよりに書いていました。
その前には、当事者から私が話を聞き、もらい泣きしたのだそうです。
当事者は、「あの時があったから今の自分がいるので、感謝しています」と。

「3、4年生の時、人生の大事なことを一番学んだ」
と言ってくれる教え子たち。
彼らの話を聞きながら、一番学んだのは誰よりもこの私だ、と気づきました。
彼らによって新米先生は育てられたのです。

話は尽きず、二次会が終わったのは、午前1時過ぎ。
再会を約束して家路につきました。



3年生、4年生のクラス会をしてくれるなんて、日本広しといえども、他にはないのでは。
東京や横浜からわざわざ駆けつけてくれた子もいました。
小学校、中学校と通じて、この子たちが仲がいいからだろうと思います。
いろんなものを超えて、こうしてまた繋がることができること。
「人」という財産の大切さに気づかせてくれました。

本当にありがとう。  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 21:28Comments(0)日記

2016年10月01日

まもなく40年ぶりの再会

早いものできょうから10月。
櫛田神社には秋を代表する花、桔梗(ききょう)が咲いていました。




実は、8月半ばから、10月1日が来るのを楽しみにしていました。
私が小学校の教員になったばかりで担任した3年生、4年生の子たちがクラス会を開いてくれるのです。

facebookで見つけてくれて、3年くらい前に5、6人で会いに来てくれましたが、今回は17人も来てくれるそう。
東京や横浜からも駆けつけてくれるそうで、1時間後には会えると思うとワクワクします。

小学校以来の子とは何と40年ぶり。
どんな人生を歩んできたのでしょうか。

一人ひとりの子たちの人生をしっかり聞きたいと思っています。  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 17:50Comments(0)日記

2016年05月26日

自然がいっぱいの糸島

日記シリーズ第2弾です。

つくしの坊やのお母さんって誰でしょう?

答えはスギナ。




スギナって、体にいろいろいいということを知って、スギナ採りを計画。
糸島に住む、40年前の教え子君に、「スギナが生えているところを知っている?」と聞きました。
田んぼの畔にも生えているけど除草剤を撒いているからだめ。
除草剤を撒いていない土地があるから地主さんに掛け合ってみます。

そんな答えが返ってきました。

簡単に考えていたのに地主さんまで巻き込むことになるとは。

今週の月曜日の朝、教え子君のナビゲートでスギナを採りに。
あっという間にたくさん採れ、ついでにドクダミまで採りました。
地主さんの庭には、ビックリグミや桑の実も。
なま桑の実は、人生初!でした。




教え子君が「借りている畑のソラマメも持って帰ってください」と言ってくれたので、ソラマメの収穫にも。
さやが空を向くので空豆(ソラマメ)と言われるように、みんな空を向いていました。



午後の仕事に間に合うよう、1時間半の弾丸ツアーでしたが、自然がいっぱいの糸島に大満足。
教え子君、地主さん、どうもありがとうございました!
次回は、もっとゆっくり訪れたいものです。


  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 19:16Comments(0)日記

2016年05月25日

虫に先を越されてしまったハーブ

1ヵ月前に、サンシャインのベランダに小さなハーブガーデンを作りました。
バジルにローマンカモミール、オレガノ。
フレッシュハーブのお茶を出せるのを楽しみにして。



だいぶ茂ってきたなあと思っていたのですが、きのう、虫に先を越されてしまったのに気づきました。
花屋さんに「無農薬栽培の苗に有機の土だから、虫がつきやすいですよ」とは言われていたのですが・・・




バジルは虫に食われて無残な姿に。



オレガノにはアブラムシがついて葉に点々がびっしり。


無農薬や減農薬栽培の野菜をいただくことも多いのですが、農家さんのご苦労がわかる思いです。
野菜に虫はつきものなので仕方ないですね。
今度は、もっと虫に強いハーブを育てることにします。
おススメがあったら教えてくださいね。

  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 20:37Comments(0)日記

2016年04月18日

熊本地震、いまできること

14日夜、緊急地震速報、そして震度7という報道にびっくり。
阪神淡路震災と同じ震度にドキドキしました。
震源地益城町に近い実家に電話はつながらないし、無事なのだろうかと不安でした。
幸い、夜遅くに兄家族みんな無事なことがわかってホッとしました。

ところがまた、16日未明、もっと大きな地震が。
緊急地震速報が何度も鳴り、福岡も大きく揺れました。

兄家族もみんな無事でしたが、家の損傷も大きくなったようだし、断水まで。
きょう18日は、久しぶりの一日オフなので、片付けの手伝いに帰ろうと思っていたのですが、JRもバスも不通。
食料を送ろうと思っても、荷受け停止。
個人では何もできない状況です。

そんな時、facebookへの生徒さんの投稿で福岡市が救援物資を呼びかけていることを知りました。
友人にも声を掛けてトイレットペーパーなどを持って行きました。

会場の旧大名小学校にはたくさんの人たちが物資を持って来ていました。





飲料水の集まり具合が少ないなと思ったので、近くのスーパーまで買いに行ったら完売。
コンビニで残っている小さいボトルを求めて持って行きました。
その間、30分くらいだったでしょうか。

戻ったらどの品も倍以上に増えていました。

平和な福岡の、すぐ隣の県ではたくさんの人たちが大変な思いをされている。
他人ごとではない。
多くの人たちがそう思っている表れでしょう。

きょうも、帰りに持って行きたいと思っています。
いまできることを少しずつ、やっていきたいと思います。

福岡市が募集している救援物資は、次の6点のみです。
①ペットボトルの水
②トイレットペーパー・ティッシュペーパー
③おむつ(子ども用、大人用)
④タオル(新品)
⑤毛布(新品)
⑥生理用品

場所は、旧大名小学校。
時間は、10時から20時まで。

昨日集まった物は、きょうヘリコプターで熊本に届けられたそうです。

時間がとれる方は、ぜひお願いします!













  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 16:09Comments(0)日記

2016年04月03日

いまを楽しむ

きょうは花散らしの雨になるものと思い、お花見は昨日で済ませたつもりでした。

ところが今朝、まだ薄日が差していたので、舞鶴公園の桜を楽しみながら出勤。




お昼になってもまだ曇りのまま。
急きょお弁当を詰め、サンシャインから徒歩3分の東長寺にお花見に行くことにしました。



はらはらと舞い散る桜を見ながら、穏やかな時間を過ごしました。



もし、明日、天変地異が起こっても、今年は桜を十分楽しめたと思えるのでは。
そんな思いにもなりました。
いまを楽しむことを教えてくれる桜さん、どうもありがとう。
また来年も楽しみに待っていますよ。  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 13:57Comments(0)日記生き方

2016年04月02日

エリアナさんとの記念写真

2月17日のブログ「ミス・ユニバース日本代表の美しさ」に、2015年のミス・ユニバース日本代表、宮本エリアナさん(21)のトークショーで記念撮影をしたことを書きましたが、その時の写真が昨日、届きました。




改めて写真を見ると、エリアナさんの凛とした美 しさが思い出されます。

「人種的な偏見や差別がなくなるような働きをしていきたい!」
若くして自分の使命をはっきり持っているエリアナさんをこれからも応援していきたいと思います。


  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 18:02Comments(0)日記

2016年03月07日

人生を変える! トレーニング

この写真のダンディな方、ご存知ですよね?



そう、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんです。

先日、「人生を変えたトレーニング」と題するトークを聴く機会に恵まれました。

今月、76歳のお誕生日を迎えられるそうですが、背筋が伸びて若々しい姿でした。
ちょうど70歳からトレーニングを始められたといいます。

トレーニングを始める前と今を比べると、3倍の仕事をこなせるようになったそうです。

俊太郎さんが体、特に下半身を鍛えようと思われたきっかけはお母様のこと。

お母様は95歳で、ご存命と聞いてホッとしたのですが、俊太郎さんのこともわからないようになっていらっしゃるそうです。
87歳くらいまでママさんコーラスの福岡県代表を務められていたそうですが、後進に道を譲られてから転倒 して大腿骨折をしたりして、どんどん弱り、数年前からは認知症にも・・・

実は、わたしも鳥越ママには20代の頃、お世話になっていたのです。
小さな合唱団、九州青年合唱団に入っていたのですが、その指導者兼指揮者が鳥越ママ。
ちょうど87歳の頃、お会いし、お元気だったので、良かったと思っていたところでしたが。

俊太郎さんは、最後の質問の時間に上着を脱いでTシャツ姿を見せてくださいました。
胸筋と腹筋がしっかりと見えました!

わたしも、俊太郎さんを目標に、鳥越ママを教訓に、トレーニングに汗を流します。  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 18:38Comments(0)日記健康づくり

2016年02月17日

ミス・ユニバース日本代表の美しさ

先週、2015年のミス・ユニバース日本代表、宮本エリアナさん(21)のトークショーに参加しました。

テーマは、「世界基準の美しさとは」。

エリアナさんは、長崎県出身ですが、日本人の母とアフリカ系アメリカ人父をもつハーフ。
日本代表としては初めての「ハーフ」だったため、「純日本人」を選ぶべきとの批判がネット上で相次いだのだそう。

ここでちょっと断っておきますが、私は、「ハーフ」という表現は好みません。
半端 ものというイメージが伴うからです。
かれこれ30年前、エジプト人と結婚した友人が、「ハーフではなく、両方の良さを受け継ぐからダブルと言いたい」と言っていましたが、私もそういう考え方に賛成です。

エリアナさんも、その外見から子ども時代、いじめにあったと言いますし、ミス・ユニバース日本代表の選考会に出場したきっかけは、同じ「ハーフ」の友人が悩んだ末に自殺 したことだったそうです。

見事、日本代表に選ばれた後も、肌の色を理由とした暴言に堪え忍ばなければならなかったエリアナさん。
イギリス人のスーパーモデル、ナオミ・キャンベルさんが一世代前にファッション業界で成し遂げたように、ミス・ユニバースの日本代表として人種的な偏見を打破する一助となりたいと決心。

「小さい頃はどうしても一人だけ浮いてしまう存在だったので、自分だけ目立たないようにしよう、みんなと合わせようといつも思っていた。でも今は、思っていることは伝えたいと思うし、自分らしくありたいと思う」

そう語るエリアナさんは、芯のある強さが美しさに磨きをかけているように感じました。

最後に、「コンプレックスがあってもいい。そんな自分を大切にしてほしい。自分を愛してほしい。」と、メッセージをくれました。


ちょうど、その日はバレンタインデー。

エリアナさんとジャンケンをして勝った5人にノンシュガーのチョコレートをプレゼントします、と。
なんだか勝ちそうな予感がしたのですが、勝ち残り、戴いちゃいました!

サンシャインに戻って開けてみたら、サインがしてあるではないですか。
良い記念になりました。



写真も一緒に撮ったのですが、データを送ってくれるそうなので、届 いたらまたアップしますね。  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 21:46Comments(0)日記

2014年03月01日

お雛さま

きょうから3月。
週末なのにあいにくの雨ですが、少し暖かく感じられます。
春もそこまで来ているようです。

サンシャインでは、お雛さまがお迎えしてくれています。




残念ながら白酒はありませんが、どうぞ足をお運びください。
お待ちしております。
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 20:18Comments(0)日記

2013年08月16日

お役に立てる幸せ

お盆休み明けのきょう、実は、私の誕生日です。

朝一番に、きょうという日を元気に迎えることができたことを感謝しながら
太陽礼拝のポーズをしました。

一人静かに感謝のランチをいただいたのですが、
午後一番のお客様から思いがけずお花とカードをいただきました。






私という存在が人様のお役に立っているのでしたら
それが何よりの喜びです。

少しでも長くお役に立てるよう、
健康づくりにいっそう励みたいと思います。

その点、生徒さんと一緒にヨガができる私は恵まれていますね。  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 18:36Comments(0)日記

2013年06月19日

5時間の講演

あるお役所の講演を依頼され、昨日、無事お役目を果たすことができました。

今回いただいたお題は、「パワハラ」。
「職場内での力による嫌がらせ」の防止に貢献するための講演です。

新しい本を読むところから始まって資料を作るところまで
講演の準備に相当な時間を要してしまいました。




やっと資料の目途がついたとき、ふと講演時間が5時間ということに気づき、
「5時間もずっと立っていられるのだろうか」と気になりだしました。

20代で右膝を傷めてからというもの長く立つことが厳しくなった私です。

でも、引き受けたからにはやるしかない、
何とかなるだろう、という思いで臨みました。

講演の途中、まだまだ2時間しか経っていない、
あと3時間も大丈夫だろうか、と思ったりもしましたが、
何とか5時間の任を終えることができました!

『足が棒になる』と言いますが、本当に言葉のままでした。

サンシャインに戻って、生徒さんたちと一緒にヨガをしましたが、
このときほど「ヨガができて良かった~」と思ったことはありません。

30年前、復職したころは、30分立っているのがやっとだったことを思うと、
5時間も立っていられたことは「有難い」の一言です。

これからも地域社会に貢献できる存在であるために、
もっと体を “創って” いきたいと思っています。  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 20:02Comments(0)日記健康づくり

2013年06月05日

玄米自然食34年

私の名刺のプロフィールに、
「玄米自然食を34年実践。」という1行があります。

右膝半月板損傷の再々手術を受けた後も歩きにくさが変わらなかったので、
私は、「もう自分で体調を良くするしかない」と考えて、熊本の実家に帰り、
玄米自然食・自然療法を実践することにしました。

28歳の時でした。
3年間の猶予がある休職期間も、後半に入っていました。
いったい復職できるのだろうかという不安の中で私を支えてくれたのが、
玄米自然食・自然療法について学べる『あなたと健康』誌でした。



 
その『あなたと健康』誌の主幹 東城百合子先生の講演会に
昨日、行ってきました。

東城百合子先生は、御年87歳になられたそうですが、
2時間ほどずっと立ったままで講演。
辛口の語り口は以前のままで、ピリッと気が引き締まる思いでした。

玄米自然食は、34年たった今も私の生活の中心になっていますが、
自然療法からは、離れているところがあります。

東城先生のお話を聞きながらもう一度原点に返って
自然療法も実践していきたいと思いました。

講演会でいただいた『あなたと健康』誌を読みながら
なぜか涙が溢れてきたのです。

ここでもう一度初心に返って学び直し、
本当の健康を求めている方々の力になりたいと思います。

  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 22:34Comments(0)日記

2013年06月02日

サンシャイン開業当時、そしてこれからも

 昨日のブログに 「思えば5年前、怒涛の中でサンシャインをオープン」
と、書いていたので、「相当大変だったんだろうな・・・」という感想もいただきました。

開業のいきさつを1月末に出版された
『九州発! 夢を叶える女性実業家100人 私の心を動かした言葉』
に書いていましたが、本の紹介だけで中身は披露していませんでしたので、
ここで改めて紹介させていただきます。
少し長くなりますが、本を読まれていない方は、お読みいただければ嬉しいです。





「本物は残る」

 カウンセラーとして勤務していたヨガ教室が経営不振のため閉鎖されることになった時、私は、これからの人生で何ができるか、どう生きたいのかを真剣に考え、カウンセリングルームを併設したヨガ教室を立ち上げることを決意しました。1ヵ月の猶予もなかった当時は、それ以外の選択肢は考えられず、経営のことはよくわからないままのスタートとなりました。

 あれから4年半。家族や友人、ビジネスを通じて知り合えた方々に支えられ、良きクライアントにも恵まれ、「いまが一番幸せ」と思えることに感謝しています。

 小学校の教員をしていた25歳の時、体育の授業中に右膝を傷め、3年間の休職を余儀なくされました。復職後も様々なリハビリに取り組みましたが、最終的に残ったのがヨガ。ヨガセラピーも受けることで何と13年ぶりに正座ができるようになりました。自分の心と体に深く向き合う中で、体が開かれると心も開かれる、悩みや苦しみを解決していく力も答えも自分の中にある、ということを学びました。
 
 
 心の深い世界を体感した私は、「心の深い世界をもっと探究したい。そして悩み苦しみを抱えている人の力になりたい」という思いで教員をやめ、カウンセラーを志しました。
 
 カウンセラーの道を歩き出して2年目、研究発表をした心理学の学会で賛否両論の意見を浴びていた中、聴講生としてお世話になっていた大学院の恩師がただ一言、「本物は残る」と。力強い言葉が心に深く刻まれました。
 
 以来、その一言が折に触れて思い出され、「本物」たり得ているかと自問しては身を引き締めています。

 サンシャインの特長は、ヨガとカウンセリングで心と体の両面からサポートできること、プライベートレッスンできめ細かな対応ができること、マタニティヨガや妊活ヨガなど子育て支援にも力を入れていること、にあります。温もりのある「本物」のヨガ教室を目指してこれからも歩み続けていきます。



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
これからも、一人でも多くの方が心の笑顔になられるようサポートしていきたいと思っています。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 23:09Comments(0)日記

2013年05月09日

富士登山電車

1週間ぶりのブログです。
大型連休中に“入院”させていたパソコンがやっと昨夜、無事戻ってきてホッとしました。
しかし、パソコンが初期状態に戻っているため、いろんなことが大変~!
試行錯誤しながら手始めにブログに挑戦しています。


大型連休は、楽しく過ごされましたか?

私は、笑いヨガの研修で富士山麓へ。

行きの富士登山電車は、なんと水戸岡鋭治さんデザインの観光列車だったので、
思わずワア~!と目を輝かせてしまいました。




車内は、木のぬくもりがします。



こんな記念写真も撮ってくれました。





車窓に雲をかぶった富士山が!




富士山が見える駅で5分間の停車。
前の車両にも行ってみました。
きれいな色柄の座席。
富士山に関する図書もたくさん並べてありました。
窓からは八重桜と菜の花が。




電車をバックに記念撮影もしてくれました。




思いがけない観光列車の旅を楽しんでいるうちに富士山駅に到着しました。
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 16:55Comments(0)日記

2013年02月24日

葉書コミュニケーション

昨日の郵便物の中に
2枚の葉書がありました。




1枚は、先日、久しぶりにカウンセリングに
いらっしゃった方から。

もう1枚は、先日の研修会で初めてお会いした方から。

手書きのお便りは、やはり印象に残りますね。

日頃の筆不精を反省し、
まずは、お二人にお返事を書くことから
コミュニケーションを、と思っています。




  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 22:15Comments(0)日記

2013年02月12日

出版祝いのお花

今年初めてヨガに来られたハルちゃんとママ。

ハルちゃんが「おめでとうございます!」と言って
お花をくれたので、新年のご挨拶かと思ったら
「出版のお祝いです~」と。




今回は、100人での合同出版なので、
お祝いのお花をいただけるなんて
思ってもいませんでした。

サンシャインのイメージカラー、
オレンジ色のバラとチューリップとラナンキュラス。

この花たちのように人に笑顔を届けられる
存在でありたいと思います。



  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 17:06Comments(0)日記

2013年01月31日

“100分の1”の出版記念パーティー

『九州発! 夢を叶える女性起業家100人
 私の心を動かした言葉』の出版記念パーティーが
昨夜、日航ホテルで開催されました。

九州で活躍する女性起業家100人の
ビジネスや人生に対する熱い想いが
綴られています。




私も、その100人のうちの1人。

開会前には、スライドで1人ずつ紹介されました。



100人の中には、起業家の大先輩12人も登場。
その1人、山本華世さんがスピーチをされました。





この本は、紀伊國屋書店で平積みされているそう。

どのページも起業への思いやビジネス成功のカギなど
共感すること学ぶことがたくさん。

手にとって読んでみられませんか?





  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 19:54Comments(0)日記

2012年11月30日

朝の贅沢

この秋、生活の拠点を東から西へ移しました。

大濠公園まで歩いて5分のところですが、
朝の光を浴びながら歩いて通勤するために
新しい地を選びました。

今朝は、大濠公園に着いた時、ちょうど朝日が昇りくるところ。
足を止めて太陽礼拝のポーズをしました。





誰も歩いていないこんな広い道は
気持ちのいいものです。



ツイッピー、ツイッピー、と小鳥の声が聴こえてきます。
桜の枝先には夜来の雨の粒が光っていました。
自然を感じながら歩く、朝の贅沢な時間です。




舞鶴公園のイチョウに桜。
紅葉を楽しめるのもあとわずかでしょう。



自然が作ったこんな芸術作品も。




福岡で一番好きな眺めです。
遠くに福岡タワーが見えます。




この後、赤坂駅から地下鉄に。
満員電車ですが、少しの時間なので
我慢、我慢。

これからも少し早起きをして
朝の贅沢をいっぱい味わえる
通勤タイムを楽しみたいと思います。

  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 20:01Comments(0)日記

2012年11月15日

看板娘の七五三

きょうは、七五三。

子どもの健やかな成長をみんなで祝う
良いしきたりだと思います。

オーストラリアに住む姪の娘ミキちゃんも
今年3歳。

姪には、「オーストラリアに住んでいても娘には
日本の文化である七五三のお参りをさせてあげたい」
という強い思いがあり、母娘で10月下旬から2週間ほど里帰りし、
福岡にも寄ってくれました。




その後、熊本の実家に帰って
着物姿で撮影したり、
近くの神社にお参りをしたりと
ミキちゃんも七五三を楽しんだようです。

その喜びが写真に表れていますので、
どうぞ見てあげてください。




サンシャインの看板娘ミキちゃんが
健やかに成長したことに感謝し、
これからも生まれてきた喜びを
しっかり味わってほしいなと思います。

できれば、世界中の子どもたちがそうあって
ほしいものです。







  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 19:02Comments(0)日記