心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by at

2009年06月25日

7年ぶり!!

先週、メールを開いたら、ずっと来られていなかった人から「里帰りをするのでヒーリングを受けたい」とicon77
早速、時間を調整して「待っていまーす!」と返信。face01 

火曜日の朝、玄関に現れたLさんは、7年前のLさんのまんま。
「よく帰ってきたね」とホントに嬉しくなりました。あの頃の純粋なまま、ぐっと成長されたLさんでした。

滞在時間は3時間でしたが、お互いに7年間という時間を取り戻したかのようでした。icon64
 
「自分が東京でどこまでやれるか試してみたい」と語るLさんは、ヒーリングでスッキリしたと言って旅立っていかれました。Lさんの更なるご活躍を祈っています! icon100  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 19:47Comments(0)ヒーリング

2009年02月15日

手が温かく

先日、久しぶりに山口県のGさんから電話があって、

「具合が悪い」face10と。

来ることはできないというので、電話でカウンセリングをすることに。

10分ぐらい経った時、Gさんが

「希望が沸いてきました。手が温かくなってきました」と。

ひとりで悶々としていたGさん、きっと話すことで安心し、血液の流れも良くなったのでしょうね。
今度、カウンセリングに出てくるそうです。 face02  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 23:40Comments(0)ヒーリング

2009年02月14日

鮮魚店のヒーリング その後

昨年末、鮮魚店のヒーリングのことをお知らせしていましたが、
その後の結果をFさんに聞いてみたら、

やはり売上げが良かったとのこと。icon14
不況の影響があるのでは、

と心配されていたそうですが、前年を上回る売上げだったとのこと。
お役に立ててよかったです。  

今回は、ヒーリングエネルギーを送りながら

「御節を食べられている人たちの顔を思い浮かべながら作ったり売られたりするといい」

というのが浮かんできたのですが、それを素直な気持ちで実行されたFさん家族の思いが
きっとお客さんたちに通じたのでしょうね。  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 20:41Comments(0)ヒーリング

2008年12月28日

鮮魚店のヒーリング

 先週の日曜日、Fさんの家族が営まれている「鮮魚店のヒーリング」を今年もまたお願いします、ということでしたので、Fさん立ち会いのもと行ないました。

 年末の恒例となったその鮮魚店のヒーリングをなぜ毎年されるのか。
そのわけを科学的に説明することは難しいですが、結果が出ているから、というところでしょうか。
 Fさんの体験レポートを紹介します。

以下、体験レポート
--------------------------------------------------------------------
2006年12月24日(日)、自営の鮮魚店と自宅の遠隔ヒーリングをお願いしました。
お正月を間近に控えていたにもかかわらず、近所に出店した大型スーパーの影響で客足が思わしくなかったので、売上げが上がり、お節料理の仕出しもスムーズに進むよう、エネルギーを送っていただきました。
 私もヒーリングに立会って、一緒に念じていると

「店の中にもっと“愛”が必要なのではないか・・・“愛”のあふれるお店にできたら良いのでは?」

という思いが湧いてきました。

ヒーリング後、先生も

「物を売るというよりも、“愛”を売るような気持ちでお仕事をされたら良いですよ」

とアドバイスをいただいたので、帰宅後、早速母にそのことを伝えました。

 それから2~3日後のことでした。
母が「お節の注文が一気に増えてきたよ。今年は少ないかもしれないと心配していたけど・・・」
と言いました。よく聞いてみると、ヒーリングをしていただいた翌日より注文が急に増えたそうで、結局お正月三箇日だけで計140個の注文があり、昨年と比べ20個も増加しているとのことでした。それから、お節の注文増加だけでなく、大型スーパーの出店にもかかわらず鮮魚の方も売行きが良くなり、母が「忙しい、忙しい」と言うまでになりました。

 お節料理のほうも今年は効率良くスムーズに進み、時間的にも早く終えることができました。
思いがけず注文が増えたおかげで、在庫として抱えていた分までスッキリ片付き、全てが上手くいったと母も大喜びでした。
 このような嬉しい報告ができるのも、店と自宅の中の意識をクリアにしていただいたことと、“愛”という大切なことに気付くことができたからだと思います。

「売上げが思わしくない・・・」

とそればかりが頭にありましたが、本当に必要なことが欠けていたのかもしれません。
 ヒーリングを受けて意識を癒していくことも大切だと思いますが、その中で気付きを得ること、そしてその気付きを素直に受け入れ実践していくことで、更に良い結果へ結びつくのではないかと思いました。売上げが伸びることは、経済的に豊かになることへ繋がりますが、それと同時に自分自身が愛で満たされると心も豊かになり、余裕も生まれてくるのだと思います。目先のことばかりにとらわれず、原点に返って今一度、大切なことを再確認していけるよう、心掛けていこうと思いました。
  そして、2007年末は・・・・・・・

今年のヒーリングのときは、先生から
「お客さんが御節を食べて幸せになられますようにと念じて作られるといいですよ」
とアドバイスいただき、そういう気持ちでみんなで取り組みました。
今年は昨年よりさらに10個も増え、やっぱりヒーリングをしていただいて良かった、と思いました。
----------------------------------------------------------------------

今年は、どんな結果が出るでしょうか。楽しみです。
ある本に、こういう遠隔でのヒーリングについて科学的に研究され始めたということが書かれています。目には見えない力にもっと光が当たって、世の中が明るくなっていくといいなと思います。
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 15:22Comments(0)ヒーリング

2008年12月14日

腱鞘炎が楽に

久しぶりにEさんから電話icon29があり、
「ヒーリングを受けたい」と。
職場の人間関係に疲れて駆け込んでこられたEさん。
カウンセリングで一気に職場のことを話すと、

「私、溜まっていたんですねえ」icon198と。

話すだけで、ずいぶんと楽になられた様子。
さらに、自己開発ヒーリングで心の深層に溜まっていた思い=本音をつづっていかれました。
腱鞘炎になり、職場の人の手がちょっと当たっただけでも「あっ、痛い ! 」と言うくらいだったそうですが、ヒーリング後は、「あれー、痛くなあーい ! 」face05と。
心から起こる体の不調、心身症だったのでしょうね。

Eさんは、「また来まーす」とニコニコ顔face02で帰っていかれました。

  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 21:02Comments(0)ヒーリング