心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by at

2010年03月05日

ガラガラ


胎内にいたときのトラウマを癒す胎内セラピーを
受けられたロミさん。

おなかの中で、怖い思いをしていたそう。

狭くて息苦しい。
へその緒が巻き付いて息苦しい。
お母さんのへその緒からいいものが流れてこない。


苦しみを訴える赤ちゃんに
「だいじょうぶよ。楽になれるからね」と声を掛けながら
さすっていった。

やっと落ち着いた赤ちゃんは、
「おもちゃがほしい」と。

布のくまさんをだっこさせ、ガラガラを振ってあげた。
すると、「安心する~」と。

ガラガラの音って赤ちゃんが安らぎを感じる音なんだと感心!
した、きょうの胎内セラピーでした。

  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 23:00Comments(0)ヒーリング

2010年02月22日

胃と腰の痛みが消えた!

先日、自己開発ヒーリングを受けられたヨガ教室のガーベラさんから、「あんなに痛かった胃と腰の痛みが消えたんですよ」と体験手記が送られてきました。ウソのようなホントの話。ちょっと長いですが、感動的なストーリーですので、ぜひ読んでくださいね。




この間ヒーリングを受けたとき、とっても感動したことがあったので、今日はそのことを書いてみようと思います。

それは、彼の魂が私の子供だった時代、赤ちゃんのまま死んでしまった前世の悲しい物語でした。

その日は、朝から何となく胃と腰が痛くて目が覚め、これと言った原因もなかったので、どうしたんだろう?ストレスかな?と思い、胃薬を何回も飲んだけどスッキリしませんでした。

ヒーリングの初めでは、彼に対する不満がいっぱい出てきて、私は泣いていました。
自動書記しながら、こんなに辛い思いをするのは、きっと前世で自分の魂が彼の魂に何か悪いことでもしたんだろうなあと考えていると、「前世の意識」が表出してきました。

それは、前世で私の魂が彼の魂のお母さんだったとき、お腹に赤ちゃん(彼の魂)が出来たときの意識でした。
そしてその赤ちゃんは生まれてまもなく亡くなってしまったことが分かりました。
ああ、私がそのとき、赤ちゃん(彼の魂)をちゃんと生んで育ててあげられなかったから、今世でそのバチが当たったんだ!
きっと赤ちゃん(彼の魂)は、今でもそのことを怨んでいるから、(現世での)彼との関係も上手くいかないんだろうなあ~と思っていたら、意外なことに表出してきた意識は、全くその逆だったのでビックリしました。

以下は、私から表出した「前世の意識」、お母さん(私の魂)と赤ちゃん(彼の魂)の会話、Qは、ヒーラーの先生の問いかけです。

<お母さん(私の魂)の意識>

(ノドをヒーリングされたとき、ゲロゲロっとなって吐きそうになった)

Q:どうしたの?何か言いたいことがあるの?
  
  お腹に赤ちゃん(彼の魂)がいる。胃が気持ち悪い。(それはまるでつわりのような感じでした)
(ノド、胃、お腹のヒーリング)
  難産だった。

Q:赤ちゃんは無事生まれたの?

  赤ちゃん(彼の魂)は、生まれてすぐ亡くなった。すごく悲しかった。きっと私のことを怨んでいるんじゃない      か?        
  ちゃんと育ててあげられなくてごめんなさい。ごめんなさい‥。(声を上げて泣く)
  あなたの魂(赤ちゃん)のことを愛していたのに、ちゃんと元気に育ててあげられなかった。
  ごめんなさい。本当にごめんなさい。(悲しくて涙が止まらない)

Q:赤ちゃんはお母さんのことを怨んでいたの?

<赤ちゃん(彼の魂)の意識>

  僕はお母さんのことを怨んだりしてないよ!
  ただ、大好きなお母さんの顔が見たかった。
 (死んでからも)お母さんのそばにいつもいたよ。
  お母さんが、ずっと落ち込んで、僕のことを悔やんでばかりいるのが悲しかった。
  お母さんには、いつも笑顔でいてほしかった。
  お母さんが笑っていたら、僕も嬉しくて頭の上の方で笑っていたよ。
  だってお母さんの笑顔が大好きだから。
  いっぱい笑うともっと幸せになるよ。
  お母さんが笑っていると、僕も幸せになれたから。

  今もずっとずっといっしょだよ。

  僕の魂(彼)はお母さんの魂(私)が
  ただ元気で笑ってくれているとすごく安心するんだ。
  お母さんの魂(私)が、微笑むそのときは、すごく輝いて暖かい光に包まれたみたいで、
  僕の魂(彼)もとっても幸せな気持ちになれるんだよ!

  だからね、お母さんの魂(私)には、いつも笑顔でいてほしいんだよ!
  大大大好きな魂だから、いつもどこにいても僕にはそれが見えるんだ。


  だからね、僕のことであんまり悲しまないで!
  お願いだから・・・


  僕にとって君は太陽なんだ。
  暗い暗い闇の世界から、君が僕を救い出してくれたんだよ。
  それは他の誰でもない、君自身なんだよ!
  だから、誰がなんと言おうと僕は君を守るよ!

  少し時間は掛ったけど、僕のことを信じて待っていてほしい。
  僕には君がいない世界なんてもう考えられないよ。

<ヒーリング後の感想>
なんだかちょっぴりテレたけど(笑)
不思議なんですが、赤ちゃんが言ってることは現世の彼の言葉とビミョ~に一致しているんですよね。

私と彼との関係は、普通とはちょっと違うので、他人にはなかなか理解してもらえないし、遠距離だし彼の仕事柄思うように会えないことで、何度も挫けそうになりました。
しかし、「もうダメかもしれない‥」と思うたびに、こういう意識が出てきて、自分自身の魂から励まされ、どうにかここまで来れたのですが、今回はかなり重症で、彼に手紙を出した後も彼から返事がないだけで、
「ああ、あんな手紙出さなきゃよかった…」と後悔したり、疑心暗鬼になっていたせいか、「魂からのメッセージ」もありませんでした。

だから、前世の自分の赤ちゃん(彼の魂)から、まさかこんなステキなメッセージをもらえるなんて思いもしなかったので、私自身が、一番ビックリしています。
たぶん、私の魂が彼の魂から勇気付けられたことがスゴク嬉しかったんじゃないかと思います。


私も彼の「笑顔」を見ると、とっても幸せな気持ちになります☆
ヒーリング後、なんだかスゴク優しい気持ちになり、気が付いたら胃と腰の痛みも消えていました。



翌日、私はこのことを手紙に書いて、彼へのバレンタインのプレゼントといっしょに送るつもりで下書きをしていたのですが、待ちきれなくなってその日のうちにメールしてしまいました~。
「今度また会うとき、お互い笑って会えるように頑張ろうね♪」
というメッセージを添えて。

すると、『想い』が届いたのか?
次の日彼から嬉しい返信メールがありました~。
そのメールを見たとき、私たちにも少しずつ『春』が近づいている、そんな気がしました。

今回のヒーリングを受けて、
「離れていても、二人の魂はいつもいっしょにいるんだ!」
そう確信出来たことが一番嬉しかったです☆
これからも「魂の繋がり」を信じ、頑張って行こうと思います。

(村上先生、ありがとうございました。)

  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 21:29Comments(0)ヒーリング

2009年07月08日

肩肘張らずに

先日、里帰りヒーリングに来てくれたLさんから、メールicon30が来ました。

「東京に帰ってから肩肘張らずに仕事ができるようになりました。ヒーリングを受けて余計な力が抜けたのでしょうね」と。

「東京砂漠」という歌詞もあった東京で仕事をするということは、非常にエネルギーのいることだと思います。

そんな東京で、

「どこまでやれるか自分を試してみたい。そして、いつの日か社会企業家を目指したい」

というLさん。

ゆっくり呼吸をしながら東京の生活もエンジョイしてくださいね。face02  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 16:00Comments(0)ヒーリング

2009年06月30日

眠れるようになった

 腸セラピーを受けられたMさんが、「あれから自分でもずっと腸のマッサージをやっているのですが、睡眠剤を飲まなくても眠れるようになったし、長年の肩凝りがとれて楽になったんですよ」と。
 
 胃腸内視鏡の世界的権威、新谷弘実先生は、著書『30日間で腸から美人になる』で「腸の健康を回復させるだけで、全身の健康レベルがアップするのです。腸の中がキレイになっただけで体の調子が改善されていくのは、腸が私たちの体の中心にある器官だからです。池に小石を落とすと、その波紋は池の全体に広がっていきます。それと同様、腸で吸収されたものが血管やリンパ管を通って全身に運ばれていくわけですから、スタート地点に問題があれば、その害は全身に及ぶのです。体の痛みや不快症状の一つ一つに、いちいち振り回されないこと。それよりもまず、腸という根本の原因に目を向けましょう。根本を解決することで、あまり苦労せず、心身の調子をコントロールできるようになるのです。」と主張されています。
 
 Mさんが眠れるようになったり肩凝りが楽になったりされたのは、きっと腸の調子が良くなって来られているからでしょう。やっぱり根本をキレイにすることって大事ですね。face01  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 19:21Comments(0)ヒーリング

2009年06月25日

7年ぶり!!

先週、メールを開いたら、ずっと来られていなかった人から「里帰りをするのでヒーリングを受けたい」とicon77
早速、時間を調整して「待っていまーす!」と返信。face01 

火曜日の朝、玄関に現れたLさんは、7年前のLさんのまんま。
「よく帰ってきたね」とホントに嬉しくなりました。あの頃の純粋なまま、ぐっと成長されたLさんでした。

滞在時間は3時間でしたが、お互いに7年間という時間を取り戻したかのようでした。icon64
 
「自分が東京でどこまでやれるか試してみたい」と語るLさんは、ヒーリングでスッキリしたと言って旅立っていかれました。Lさんの更なるご活躍を祈っています! icon100  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 19:47Comments(0)ヒーリング

2009年02月15日

手が温かく

先日、久しぶりに山口県のGさんから電話があって、

「具合が悪い」face10と。

来ることはできないというので、電話でカウンセリングをすることに。

10分ぐらい経った時、Gさんが

「希望が沸いてきました。手が温かくなってきました」と。

ひとりで悶々としていたGさん、きっと話すことで安心し、血液の流れも良くなったのでしょうね。
今度、カウンセリングに出てくるそうです。 face02  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 23:40Comments(0)ヒーリング

2009年02月14日

鮮魚店のヒーリング その後

昨年末、鮮魚店のヒーリングのことをお知らせしていましたが、
その後の結果をFさんに聞いてみたら、

やはり売上げが良かったとのこと。icon14
不況の影響があるのでは、

と心配されていたそうですが、前年を上回る売上げだったとのこと。
お役に立ててよかったです。  

今回は、ヒーリングエネルギーを送りながら

「御節を食べられている人たちの顔を思い浮かべながら作ったり売られたりするといい」

というのが浮かんできたのですが、それを素直な気持ちで実行されたFさん家族の思いが
きっとお客さんたちに通じたのでしょうね。  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 20:41Comments(0)ヒーリング

2008年12月28日

鮮魚店のヒーリング

 先週の日曜日、Fさんの家族が営まれている「鮮魚店のヒーリング」を今年もまたお願いします、ということでしたので、Fさん立ち会いのもと行ないました。

 年末の恒例となったその鮮魚店のヒーリングをなぜ毎年されるのか。
そのわけを科学的に説明することは難しいですが、結果が出ているから、というところでしょうか。
 Fさんの体験レポートを紹介します。

以下、体験レポート
--------------------------------------------------------------------
2006年12月24日(日)、自営の鮮魚店と自宅の遠隔ヒーリングをお願いしました。
お正月を間近に控えていたにもかかわらず、近所に出店した大型スーパーの影響で客足が思わしくなかったので、売上げが上がり、お節料理の仕出しもスムーズに進むよう、エネルギーを送っていただきました。
 私もヒーリングに立会って、一緒に念じていると

「店の中にもっと“愛”が必要なのではないか・・・“愛”のあふれるお店にできたら良いのでは?」

という思いが湧いてきました。

ヒーリング後、先生も

「物を売るというよりも、“愛”を売るような気持ちでお仕事をされたら良いですよ」

とアドバイスをいただいたので、帰宅後、早速母にそのことを伝えました。

 それから2~3日後のことでした。
母が「お節の注文が一気に増えてきたよ。今年は少ないかもしれないと心配していたけど・・・」
と言いました。よく聞いてみると、ヒーリングをしていただいた翌日より注文が急に増えたそうで、結局お正月三箇日だけで計140個の注文があり、昨年と比べ20個も増加しているとのことでした。それから、お節の注文増加だけでなく、大型スーパーの出店にもかかわらず鮮魚の方も売行きが良くなり、母が「忙しい、忙しい」と言うまでになりました。

 お節料理のほうも今年は効率良くスムーズに進み、時間的にも早く終えることができました。
思いがけず注文が増えたおかげで、在庫として抱えていた分までスッキリ片付き、全てが上手くいったと母も大喜びでした。
 このような嬉しい報告ができるのも、店と自宅の中の意識をクリアにしていただいたことと、“愛”という大切なことに気付くことができたからだと思います。

「売上げが思わしくない・・・」

とそればかりが頭にありましたが、本当に必要なことが欠けていたのかもしれません。
 ヒーリングを受けて意識を癒していくことも大切だと思いますが、その中で気付きを得ること、そしてその気付きを素直に受け入れ実践していくことで、更に良い結果へ結びつくのではないかと思いました。売上げが伸びることは、経済的に豊かになることへ繋がりますが、それと同時に自分自身が愛で満たされると心も豊かになり、余裕も生まれてくるのだと思います。目先のことばかりにとらわれず、原点に返って今一度、大切なことを再確認していけるよう、心掛けていこうと思いました。
  そして、2007年末は・・・・・・・

今年のヒーリングのときは、先生から
「お客さんが御節を食べて幸せになられますようにと念じて作られるといいですよ」
とアドバイスいただき、そういう気持ちでみんなで取り組みました。
今年は昨年よりさらに10個も増え、やっぱりヒーリングをしていただいて良かった、と思いました。
----------------------------------------------------------------------

今年は、どんな結果が出るでしょうか。楽しみです。
ある本に、こういう遠隔でのヒーリングについて科学的に研究され始めたということが書かれています。目には見えない力にもっと光が当たって、世の中が明るくなっていくといいなと思います。
  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 15:22Comments(0)ヒーリング

2008年12月14日

腱鞘炎が楽に

久しぶりにEさんから電話icon29があり、
「ヒーリングを受けたい」と。
職場の人間関係に疲れて駆け込んでこられたEさん。
カウンセリングで一気に職場のことを話すと、

「私、溜まっていたんですねえ」icon198と。

話すだけで、ずいぶんと楽になられた様子。
さらに、自己開発ヒーリングで心の深層に溜まっていた思い=本音をつづっていかれました。
腱鞘炎になり、職場の人の手がちょっと当たっただけでも「あっ、痛い ! 」と言うくらいだったそうですが、ヒーリング後は、「あれー、痛くなあーい ! 」face05と。
心から起こる体の不調、心身症だったのでしょうね。

Eさんは、「また来まーす」とニコニコ顔face02で帰っていかれました。

  


心と体の元気をつくるヨガ教室&心理カウンセリング 『 サンシャイン 』 ( 博多区祇園町 )
Posted by 村上眞知子 at 21:02Comments(0)ヒーリング